高知の次は静岡?宮崎? 桜開花、予想割れる

2012/3/21付
保存
共有
印刷
その他

日本気象協会(東京)と気象情報会社「ライフビジネスウェザー」(同)は21日、桜の開花予想を発表した。列島トップの21日に咲いた高知市に続く開花は、気象協会が25日に静岡市と高知県宿毛市、ウェザー社は23日に宮崎市と予想した。

いずれも5~6輪咲いた状態を開花とし、気象庁が各地で開花を観測している木などを対象にした。

気象協会によると、2月の寒さが長引き、桜の芽の成長がやや遅れており、3月の気温も九州南部や四国太平洋側を除き、平年並みか平年より低い所が多い。そのため開花は「ほとんどの地域で平年より遅い」とみている。ウェザー社も平年より遅い所が多いとみている。

気象協会の予想では、福岡市が29日、大阪市が4月1日、名古屋市が3月30日、東京都心が31日。

ウェザー社の予想では、福岡市が3月28日、大阪市が31日、東京都心が29日となっている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]