/

「ジョブズ伝」電子書籍でも登場 紙とほぼ同じ価格で

5日死去した米アップルのスティーブ・ジョブズ会長の伝記「スティーブ・ジョブズ」が24日から、日米など世界18カ国・地域で同時発売される。日本語版は講談社が上下巻として出すほか、電子書籍としても配信する。タブレット端末やスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の急速な普及と相まって、電子書籍市場は今後の拡大が期待されている。ただし価格が海外に比べて割高なケースも多く、「ジョブズ伝」という有力コンテンツ(情報の内容)は日本の市場の本格的な立ち上がりに向けた試金石になりそうだ。

ジョブズ氏の死去で発売日が当初の11月21日から10月24日に約1カ月前倒しとなった。日本での翻訳・出版権を独占する講談社学芸局の渡瀬昌彦局長は「発売前に重版を決めた。翻訳本としてはきわめて異例」と話す。上下巻の新刊でそれぞれ初版10万部ずつ、計20万部を計画していたが、15万部を上乗せする。

伝記への注目が世界的に高まっているのは間違いない。米国では大手出版社サイモン・アンド・シュスター社が当初、初版125万部を計画していたが、いったん150万への増刷を決め、さらに170万部に上方修正した。発売前からミリオンセラーを確信しているようだ。

 伝記「スティーブ・ジョブズ」の
 主要国での価格設定
電子書籍
ハードカバー
米国11.99ドル17.88ドル
英国12.99ポンド12.50ポンド
ドイツ19.99ユーロ24.99ユーロ
日本ハードカバーと
ほぼ同額
1995円(上下各刊)

※米・英・ドイツはアマゾンの各国サイトでの価格

※1ドル=約76円、1ポンド=約121円、1ユーロ=約105円

ジョブズ氏に関する電子書籍はすでに複数発売されているが、なぜ今回の伝記が特別話題を呼んでいるのか。それは、「唯一の公式評伝」だからだ。著者は、米TIME誌の編集長を経て、CNNの最高経営責任者(CEO)を務めた経歴を持つ、一級の伝記作家ウォルター・アイザックソン氏。

伝記の執筆に際してジョブズ氏は「原稿はあらかじめ見せなくてよい」など取材に特に制約を設けなかったという。夫人らへのインタビューも許可。取材時間は、本人と家族に2008年から50時間以上、アップル社の後任CEO、ティム・クック氏やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏など関係者百数十人へのインタビューも盛り込み、約3年をかけて完成させた。

本人の性格や女性関係など、人間臭い部分だけでなく、「ジョブズ氏が死と向き合いどのようなことを考えていたのかが本人の口から語られている」(渡瀬氏)。

伝記の冒頭部分で描かれるのは、ジョブズ氏が1984年、思うように販売が進まない「マッキントッシュ」を売り込みに、アイザックソン氏のいる「タイム・ワーナー」のビルに訪れるシーン。アイザックソン氏が、ジョブズ氏の死の数週間前、最後の別れをした場面で締めくくられるという。

 書籍分野の有料iPhoneアプリ
 ダウンロード件数(11年上期)
書籍名件数
1もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら 1万6816
2池上彰 伝える力1万4832
3ジャンボ旅客機 99の謎 for iPhone1万2574
4松下幸之助 道をひらく1万2030
5豊平文庫1万2016

出典:インプレス

講談社は新刊とともに、電子版もヒットを期待する。これまで同社の最大のヒット作は、2010年5月に発売した京極夏彦氏のミステリー小説「死ねばいいのに」。ダウンロード数は「数万」(書籍販売局次長の藤崎氏)だった。ジョブズ氏に関心を持つ読者層は電子版を好む可能性も高いため、伝記は「過去にない数字を目標にしている」(同氏)という。

新刊は上下それぞれ1995円(税込み)。2冊に分けて販売するのは「我々が把握している範囲では日本のみ」(講談社)という。電子書籍版は「紙とほぼ同額にする」(渡瀬氏)と強気だ。新刊の上巻の発売日は24日、下巻は11月1日にずれ込むが、電子版も上下刊の発売日に合わせて2段階で配信する。

一方、米国ではアマゾンのサイトでハードカバーが17ドル88セント。同社の端末「キンドル」で読める電子版は11ドル99セントと安い。日本語版は支払う権利料や翻訳の手間も含め様々なコストがかさむとはいえ、新刊が上下巻あわせておよそ4000円と高価だ。電子書籍もほぼ同額とすると、他国との価格差はさらに広がる。渡瀬氏は「日本の読者の関心は高く、十分に売れる」とみており、ハードカバーを購入していた一部の読者を電子書籍に取り込む公算もある。

日本語の電子版は現段階でアップルの「アップストア」、紀伊国屋書店の「BookWebPlus」や凸版印刷系の「BookLive!」など10を超えるサービスを通じて配信する。アップルのiPadやiPhoneのほか、ソニーの「リーダー」を含め、主要メーカーのタブレットやスマホで読める見通しだ。

調査会社のインプレスR&D(東京・千代田)は、2010年度の国内の電子書籍市場が前年比13.2%増の650億円、15年度には2000億円規模と予測している。ただ、有力コンテンツがコンスタントに登場するわけではない。「普通のハードカバーを電子書籍化しても、そう簡単には売れない」(日本電子出版協会の三瓶徹事務局長)のが現実だ。三瓶氏は、「出版社は著者の関連図書などがまとめて購入できるなど『電子書籍でしか得られない付加価値づくり』をすることが必要では」と指摘する。

同協会には、出版社だけでなく著名作家がすでに加盟を表明している。将来は、著者が出版社を飛び越して配信できるインフラが整う可能性もあるほか、価格交渉力のあるアマゾンやアップルとどう対峙するかも、出版社にとって先送りできない課題だ。電子書籍版のジョブズ伝記がヒットすれば、電子書籍読者の裾野が広がる契機にもなりそうだ。

(電子報道部 杉原 梓)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン