/

客の挙動から商品への関心度推定、富士通がKinectで開発

富士通は、百貨店などの売り場において、不特定多数の客の挙動から、商品への関心度を自動的にデータ化するシステムを開発した。

米マイクロソフトが家庭用ゲーム機向けに開発した、ジェスチャー認識装置「Kinect(キネクト)」を使う。Kinectで客の動きと商品を検出し、富士通が開発したソフトウエアで、「どのような客がどの商品にどの程度の関心を示したか」を判断する。蓄積したビッグデータを解析することで、高精度のマーケティング分析を可能にする。

開発したシステムは、1万円程度で手に入る安価なKinectを使うことで、売り場ごと、商品ごとなど、多くの情報を取り込める、としている。

Kinectは内蔵するセンサーやカメラによって、人の顔や手の動きをリアルタイムでスケルトン状のデータ(線と点による抽象データ)に変換する機能を備える。このデータを基に富士通の開発したソフトウエアが、「客が商品の前を通り過ぎた」「商品を見た」「商品を触った」「複数の商品を比較した」といった行動を認識する。

客の性別や年齢も推定して、属性ごとの関心度合いをデータ化できる。既存のPOS(販売時点情報管理)システムでは、購入した顧客のみをデータ化の対象としており、実際に売れていない商品への関心度などをデータ化することはできなかった。今回のシステムでは、商品の陳列方法による関心度の客観的評価も可能になる。

視線検出技術との組み合わせも

今後、富士通では、同社が開発した視線検出システムと組み合わせることで、通り過ぎながら商品を見た場合や手に取らないで見比べた場合なども把握できるようにしていく。

この視線検出システムは対象物に赤外光を照射して、眼球の角膜からの反射光を検出し、客の視線を推定する。

将来的には、客の関心に基づく適切なプロモーションをできる自動応対システム、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の口コミや天候など各種ビッグデータと連携させた経営データ提供システムの開発にもつなげる。富士通としては、多様な顧客のビッグデータ活用を支援し、クラウドシステム/サービスの事業拡大を狙う。

(Tech-On! 三宅常之)

[Tech-On! 2013年5月21日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン