急速に立ち上がる蓄電池市場、シェア50%目指す日本企業

(1/2ページ)
2012/8/28 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 電力不足への不安を背景に、蓄電池事業に注力する企業が相次いでいる。海外でも蓄電池市場の拡大は見込まれており、経済産業省の試算によると、世界の蓄電池市場は2011年の5兆1000億円から2020年には20兆円へと拡大する。その2020年の市場で、日本企業が50%のシェアを獲得することを、政府は蓄電池戦略の目標に据えた。直近でも、蓄電池の普及に向けた各種の補助金制度が整備されている一方で、企業の研究…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]