家計簿に映る田舎のリッチ感(若者、地方へ) 低温世代の経済学パート4(2)

(1/6ページ)
2012/3/28 7:00
保存
共有
印刷
その他

大都会を離れ、地方生活を志す若者が増え始めている。「田舎暮らし」と聞いて思い浮かぶのは、豊かな自然、新鮮で安い食材、近所付き合い、不便な交通網……。何が若者をひきつけるのか。百聞は一見にしかず。田舎で暮らす若者の24時間をのぞいてみた。

訪れたのは島根県出雲市。そこで実感したのは、想像以上に豊かな暮らしぶりだ。確かに収入は、都会の大企業サラリーマンほど多くない。ただ支出や生活環境も勘案した「実質家計」という視点でとらえると、全く別の世界が見えてくる。その一端を都会のサラリーマンと比べながら紹介する。

■広大な敷地に並ぶ4台の車

田舎代表として取材に応じてくれたのは、山崎貴之さん(32)一家だ。待ち合わせ場所は「縁結びの神様」として有名な出雲大社。本殿よりも高い建物は造らないというのが信心深い出雲の人たちの昔ながらの決まりで、高台に上ると、遮るもののない緑豊かな田園風景が目の前に広がった。

緑豊かな参道や広場はお決まりの散歩コースという。近所には数え切れないほどの日帰り温泉が散らばり、週末だけでなく、毎日のお風呂代わりに利用できる。

山崎邸(上)の裏手には駐車場、庭、納屋も。一方、都会代表の関根邸は川崎市の新興住宅街の一角にある

山崎邸(上)の裏手には駐車場、庭、納屋も。一方、都会代表の関根邸は川崎市の新興住宅街の一角にある

貴之さんの勤め先は地方銀行の調査子会社で、電車で約1時間の松江市に通う。年収は約550万円だが、看護師である妻の智子さん(32)を足すと、世帯年収は約850万円に膨らむ。現在は夫婦と長女の凜桜ちゃん(4)の3人家族だ。

まず暮らしぶりを見てみよう。自宅を訪ねて目を見張ったのはその広さ。約300坪の敷地に、貴之さんの両親が暮らす7LDKの母屋と貴之さん一家の3LDKの離れ、それに納屋や庭、車庫もあるが、まだ敷地には余裕がある。カメラで撮影しようにも、1枚にはとても収まりきらない。車庫には夫婦それぞれの車に加え、両親と共有する軽トラックと軽自動車など4台が並ぶ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]