/

この記事は会員限定です

CO2削減をお金に換える新制度、需要開拓への課題

[有料会員限定]
 二酸化炭素(CO2)など温暖化ガス削減で生み出した「環境価値」を取引する新しいクレジット制度がスタートする。これまで経済産業省など3省と環境省がそれぞれ別に所管してきた制度を一本化するものだ。認知度の向上など、課題は多く残される中、新制度がどれだけ取引を活性化できるかが問われている。

経済産業省が主体の「国内クレジット制度」と環境省の「オフセット・クレジット(J-VER)制度」。ともに2008年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2213文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン