/

民主惨敗、結党以来最低に 執行部責任論も

21日投開票の参院選で民主党は改選44議席の半減以下となり、結党以来最低の獲得議席となる見通しだ。敗北を織り込んでいた民主党内では、海江田万里代表、細野豪志幹事長らは「続投でかまわない」との声が強かったが、想定以上の惨敗が濃厚となってきたことに、責任論が出てくる可能性がある。「政権交代可能な二大政党の一翼を担う」を旗印に1996年に結党、98年に参院選へ初めて挑戦した民主党は正念場を迎えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン