ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「自動運転」は破壊者か 攻めるグーグル、悩むトヨタ

(1/3ページ)
2013/3/28 7:00
共有
保存
印刷
その他

 「究極の自動車」ともいえる自動運転車の開発に、世界の企業が取り組み始めた(図1)。意外なのは、自動車開発とは無縁に思える米グーグル(Google)が先頭を走っていることだ。スマートフォン(スマホ)関連事業で成功したビジネスモデルを、自動車の世界に持ち込む狙いが透けて見える。自動車メーカーはグーグルを警戒しつつ、開発のアクセルを踏み始めた。

図1 自動運転のイメージ(写真:Volvo)
画像の拡大

図1 自動運転のイメージ(写真:Volvo)

 自動運転車の開発を進めたいのに躊躇(ちゅうちょ)している――。

 2013年1月に、米国ラスベガスで開催された世界最大のエレクトロニクス関連展示会「International CES 2013(CES)」。トヨタ自動車による無人での自動運転を実現する実験車の発表では、同社が苦悩する姿が浮き彫りになった。

図2 トヨタが開発中の自動運転車。LexusブランドのHEV「LS600hL」がベースで、無人走行が可能。レーダーやカメラなどのセンサーがむき出しで、実験車と一目で分かる外観である。現在、米国ミシガン州の公道で実験中だ
画像の拡大

図2 トヨタが開発中の自動運転車。LexusブランドのHEV「LS600hL」がベースで、無人走行が可能。レーダーやカメラなどのセンサーがむき出しで、実験車と一目で分かる外観である。現在、米国ミシガン州の公道で実験中だ

 発表の場で新しい技術の利点をじっくり説明するわけでもなく、持ち時間の45分のうちわずか10分強で説明を切り上げた。その上、無人で走れる実力がある実験車を披露したにも関わらず、「自動運転を目指した車両ではない」(トヨタ)と説明はちぐはぐだった。

 外観は無骨だが、技術的には高い水準に達する車両である(図2)。自信を持ってアピールするのにふさわしいものだ。トヨタの態度が煮え切らないのはなぜなのか。

■自動車ビジネスを根底から覆す?

 背景には自動運転車が、自動車メーカーにとってもろ刃の剣になる危険性をはらんでいることがある。「究極の安全技術」(トヨタ)として最大の課題である交通事故を大幅に減らし得る一方で、これが実現するとこれまでの自動車ビジネスが根底から覆る可能性がある。

 そんな危機感をあおるのがグーグルだ。自動車開発とは無縁に思えるソフトウエア開発企業の同社が、世界で始まった自動運転技術の開発競争をリードしている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

トヨタGoogleスマートフォン自動運転Prius自動車AudiROS

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「外断熱」の死角 ロンドン高層ビル火災の教訓 [有料会員限定]

 外壁が急激に延焼した2017年6月のロンドンでの高層ビル火災を見て、日本の防災専門家の多くが既視感を覚えた。過去にも中国や中東などで高層建築の外装材が炎上する火災が発生していたからだ。いずれにも外断…続き (9/13)

ニトリのロボット倉庫で見えた物流無人化の未来 [映像あり][有料会員限定]

 大量の製品が並ぶ棚の周りを歩き続け、ときには重い荷物を持ち上げる。夏は暑く、冬は寒い。繁忙期には残業も増える。肉体的にきつくてつらいといわれる物流拠点での仕事を、ロボットに置き換えようとする取り組み…続き (7/26)

荷主と軽貨物ドライバーの仲介サービス「PickGo(ピックゴー、旧名称は軽town)」の画面

昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 [有料会員限定]

 トラックドライバーの高齢化が止まらない。政府の調査によるとトラック業界で働く人の約4割が50歳以上。特に大型トラックの高齢化は著しく、平均年齢は2016年時点で47.5歳に達する。中高年層が大量に退…続き (7/19)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月19日(火)

  • フィンテックで進化するMUFGの金融サービス、2年連続で「CEATEC JAPAN」に出展する狙いとはーMUFG、カブドットコム、じぶん銀行の三社に聞く
  • 通信容量に困らない 格安SIMはこれを選べ![17年秋]
  • IBMとMIT、新たなAI研究所を設置 - 10年間で2億4000万ドル投資

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月20日付

2017年9月20日付

・香港のIT企業「オクト3」、電子コインで資金調達
・キャトル、試供品、狙った顧客層に配布
・日本バルカー、複数用途対応のグランドパッキン販売
・鉄鋼、旺盛な需要下で相次ぐ設備トラブル
・低コストの宅配ロッカー、ウィルポート 外部電源不要に…続き

[PR]

関連媒体サイト