2018年11月21日(水)

海外でも通用するゲームとは 日本の開発者を悩ます文化の違い
ゲームジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2012/8/22 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本のユーザーを満足させながら、海外のユーザーにも満足して受け入れられるようゲームを開発することは、2000年代に入って日本の開発者にとって共通の悩みになってきた。

日本のゲームでは「マリオ」をはじめ任天堂のブランドゲームが相変わらず高い地位を築いているが、同様の成功例を作り出すことが難しくなっている。特に家庭用ゲーム機の世界から新しいブランドを生みだすのは、ほぼ絶望的な状況になりつつある。

こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報