/

この記事は会員限定です

ヘッジファンドがほくそ笑む「黒田日銀=円安」

編集委員 小栗太

[有料会員限定]

日銀の黒田東彦総裁が20日誕生した。市場では積極的な金融緩和が実行段階に入ることによる円安観測が強まっている。その様子を欧米のヘッジファンドは好奇の目で見つめているに違いない。「黒田日銀=円安」という方向感が明快なシナリオは、極めて為替差益を得やすい相場展開だからだ。

ここにきてヘッジファンドの古典的な手法が再び姿を見せ始めている。ターゲットは「ミセス・ワタナベ」。そう、個人の外国為替証拠金(FX...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン