LIBOR不正 CDSへの不信に波及も 編集委員 小平龍四郎

(1/2ページ)
2012/7/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「銀行家はいかなる時も顧客から自分に寄せられた信頼を正当なものにするよう行動しなければならない」。英エコノミスト誌はロンドン銀行間取引金利(LIBOR=ライボー)の不正操作を扱った記事のなかで、米銀行王JPモルガンの言葉を引用した。金利不正の波紋が山火事のような速さで世界に広がるなか、決定的に壊れつつあるのが「信頼」(confidence)だ。

「ユリボー(欧州銀行間取引金利)」「サイボー(シン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]