BPニュースセレクト

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ビットコインは法規制せず、自民党が中間報告を公開

2014/6/21付
共有
保存
印刷
その他

ITpro

 自民党IT戦略特命委員会の資金決済小委員会は2014年6月19日、ビットコインを含む仮想通貨に対する法規制を見送る中間報告をまとめた。

 仮想通貨は「ビジネスにおける新たなイノベーションを起こす大きな要素となりうる」(中間報告)として、現段階では出資法や銀行法、資金決済法といった既存の法規制は適用しない。ユーザーの自己責任の原則のもと、業界団体に自主ルールを策定させることで、関連ビジネスの健全な発展をうながす。

 中間報告では、ビットコインなどの仮想通貨を、法律上の通貨でもモノでもない「価値記録」と位置づける。

 価値記録の採掘、交換、交換所への価値記録や金銭の預託については、出資法や銀行法の適用外とする。例えば、交換所などがビットコイン取引のため一時的に現金を預かる行為については、預り金とはみなさず、銀行業などの免許は不要とした。

 価値記録取引の自主ルールを策定するため、業界団体の設立を促す。その業界団体に対し、経済産業省、金融庁、消費者庁、警察庁、国税庁などが適宜相談を受け、助言する。

 マネーロンダリングを規制する犯罪収益移転防止法は、現時点では適用せず、今後の議論に委ねる。その代わりとして、業界団体が定めるガイドラインなどを通じて犯罪防止の枠組みを作る。具体的には、交換所を開設する際は業界団体に届け出すること、ユーザーが口座を開設する際には身分証などでの本人確認を行うこと、犯罪捜査など法令に基づく情報開示に迅速に協力することを義務付ける。

 価値記録は消費税の課税対象とする。例えばビットコインの場合はこうだ。「ビットコインを購入する」「ビットコインで商品を購入する」「ビットコインで他の仮想通貨を購入する」といったいずれのケースについても、消費税を課税する。二重課税を防ぐため仕入税額控除を適用できるようにするが、具体的な制度設計については触れていない。

 ビットコインの値上がりに伴う売却益(キャピタルゲイン)にも課税するが、当面は交換所にモニタリングのためのシステム投資は求めない。

 この中間報告は総じて、価値記録の特徴を生かした新たなビジネスの創造を期待する内容となっている。具体的には、24時間365日稼働の安価な決済システム、価値記録の先物取引やファンドなどの創出、電子契約システムへの応用、価値記録に刺激を受けた既存の金融システムの変革などの効果を期待できるとしている。

(日経コンピュータ 浅川直輝)

[ITpro 2014年6月21日掲載]


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

BPニュースセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

自民党IT戦略特命委員会ビットコイン

【PR】

BPニュースセレクト 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

竣工式の様子(出所:日経BP)

関東最大の43MWメガソーラー、群馬県昭和村で稼働

 いちごは、群馬県利根郡昭和村でメガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご昭和村生越 ECO発電所」の竣工式を2017年10月11日に開催した。9月2日から売電を始めていた。 同村の生越と貝野瀬地区の…続き (10/21)

楽天証券が実施するPoCの内容

楽天証券、AIで顧客クレーム抽出の検証を開始

 楽天証券は、コールセンターの通話記録から人工知能(AI)を使って顧客ニーズを分析する検証(概念実証、PoC)を2017年10月19日に開始した。テキスト解析に強みを持つAIエンジン「KIBIT」の開…続き (10/21)

11年ぶりに全面改良した新型「レクサスLS」

「初代を超える衝撃を」、トヨタの新「レクサスLS」

 トヨタ自動車は、旗艦セダン「レクサスLS」を2017年10月19日に発売した。11年ぶりの全面改良となる。“ジャーマン3”と呼ばれるドイツの高級車メーカー3社との差異化を強調し、新しいレクサスの方向…続き (10/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月22日(日)

  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?
  • プログラミングを色鉛筆のような“表現ツール”に―DeNA、小学校に学習アプリを無償提供

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月20日付

2017年10月20日付

・米ツナミ、VRで部品組み立て研修
・サイバーブル、電子看板にネット動画広告配信
・モフィリア、指先1つで静脈認証
・何でもつかむぞ万能ロボハンド 東北大、柔軟に変形
・フジクラ、伸縮・曲げ自在な電子回路…続き

[PR]

関連媒体サイト