ある日突然「犯罪者」に…グーグル検索は利器か凶器か

(1/4ページ)
2012/4/23 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ある日突然「犯罪者」の扱いを受け、仕事まで失うことに……。映画やドラマの話ではない。グーグルのインターネット検索サービスを舞台にした実際の出来事だ。東京地裁は3月、被害を受けたという男性の訴えを認め、グーグルに検索内容の削除を命じたが、同社は今のところ応じていない。いったい何が起きているのか。

■思いがけない退職勧奨

話は数年前にさかのぼる。

「辞めてほしい」。日本に住む男性Aさんは唐突に勤め先か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]