/

この記事は会員限定です

ある日突然「犯罪者」に…グーグル検索は利器か凶器か

[有料会員限定]

ある日突然「犯罪者」の扱いを受け、仕事まで失うことに……。映画やドラマの話ではない。グーグルのインターネット検索サービスを舞台にした実際の出来事だ。東京地裁は3月、被害を受けたという男性の訴えを認め、グーグルに検索内容の削除を命じたが、同社は今のところ応じていない。いったい何が起きているのか。

思いがけない退職勧奨

話は数年前にさかのぼる。

「辞めてほしい」。日本に住む男性Aさんは唐突に勤め先からそう告げられた。「退職...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン