/

鴻海、70型の4K×2K液晶テレビを展示

電子機器のEMS(電子機器の受託製造サービス)で世界最大の企業グループである台湾の鴻海科技集団(Foxconn Technology Group)が、台湾・台北で開催されたディスプレー関連の展示会「Display Taiwan 2013」(2013年6月16~20日)に出展し、70型の4K×2K液晶テレビなどを展示した。

鴻海が展示した70型の4K×2K液晶テレビ

今回展示したのは、70型の4K×2K液晶テレビと、70型/60型/40型の3台のフルHD液晶テレビ。いずれもODM(相手先ブランドによる設計製造)事業を展開していく。

70型の4K×2K液晶テレビの出荷時期は2014年第2四半期の予定で、価格は70万台湾ドル(2万3333米ドル、約233万円)を想定している。また、70型のフルHD液晶テレビの出荷時期は2013年6月末で、価格はセットトップ・ボックスを含めて2000米ドル(約20万円)の見込みだという。

今回の展示で使用していた映像ソースは「H.264/MPEG-4 AVC」で圧縮したもので、3840×2160画素、29.97フレーム/秒。また、映像には同グループ傘下のTFT液晶パネル・メーカーである「INNOLUX」のロゴが表示されていた。

鴻海の展示ブース

(日経エレクトロニクス 田中直樹)

[Tech-On! 2013年6月20日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン