米アマゾン、キンドルに読書愛好者向けSNS統合

2013/11/21付
保存
共有
印刷
その他

米Amazon.com(アマゾン)は現地時間2013年11月19日、電子書籍閲覧端末「Kindle Paperwhite(キンドル・ペーパーホワイト)」のソフトウエアアップデートを発表した。読書愛好者向けSNS(交流サイト)「Goodreads」を統合し、ペアレンタルコントロール「Kindle FreeTime」を追加する。

読書愛好者向けSNS「Goodreads」の画面

第2世代Kindle Paperwhiteを対象に、数週間以内に自動OTA(Over The Air)アップデートを実施する。手動で専用サイトからアップデートをダウンロードすることも可能。

Goodreadsは、Amazon.comが2013年前半に買収して以降も独立ブランドでサービスを継続している。Goodreads統合により、Kindle Paperwhiteで読書中の本から離れることなく、お気に入りの語句や文章を共有できる。友達がどんな作品を読んでいるか分かるほか、読んでみたい本のレビューを閲覧したり、作品を読み終わってすぐに評価付けしたりできる。Amazon.comのEC(電子商取引)サイトを通じて購入した作品(デジタル版/印刷版)を手軽にGoodreadsアカウントに追加可能。

FreeTimeでは、親が子どもの読書に関して、毎日の目標を設定したり、読む作品を選んだり、読書の進み具合を確認したりできる。読書に費やした合計時間、辞書で調べた語句の数、目標達成のバッジ獲得数、読み終わった作品数などのレポートも提供される。

また、電子書籍、雑誌、新聞を参照しやすいようカスタムなカテゴリーにまとめておける「Cloud Collections」も利用可能になる。

[ITpro 2013年11月20日掲載]

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]