/

お盆に4万台買い取り、ブックオフ「中古スマホ」の勝算

ブックオフコーポレーションは、2013年8月9日から始めた携帯電話とスマートフォン(スマホ)の買い取りキャンペーンで、買い取り台数が8月18日までの10日間だけで、合計3万8000台に達したと明かした(写真1)。このペースでいくと、9月16日のキャンペーン終了までに「買い取り台数は7万台に達すると見ている」(斉藤昌裕事業開発部新規商材展開グループマネージャー)という。

ブックオフは全国に約800カ所ある「BOOKOFF」店舗で、どんなに古い機種でも、全ての携帯電話を100円以上、スマホであれば3000円以上で買い取るキャンペーンを展開中である。買い取った携帯電話は、2007年以降の機種であれば同社のデータ消去部門で個人情報を消し、クリーニングして店頭で販売(写真2)。2007年以前のものは、リサイクルする。

既に買い取った3万8000台のうち、2万5000台はリサイクルに回す100円買い取りの端末だった。残りの1万3000台は、中古品として店頭販売することになる。1万3000台をさらに細かく見ていくと、Android(アンドロイド)のスマホが60%、iPhoneが15%、従来型の携帯電話(ガラケー)が25%となっている。

3万8000台は「想定通り」

ブックオフは約1年前の2012年7月から携帯電話とスマホの買い取りの全国展開を開始しているが、このタイミングに合わせて買い取りシステムで単品管理も実施済みである。今回のキャンペーン期間中であれば、どんなに古い機種でも壊れていても、全て100円で買い取っている。

ちなみに携帯電話やスマホをブックオフに持ち込む客層で最も多いのは、30代の男性だという。「若者の持ち込みが少ないのは意外だった」(斉藤マネージャー)。

10日間で3万8000台という買い取り台数は、実は「想定通りの台数だ」(斉藤マネージャー)という。「データ消去やリサイクル手配にかかる費用など、1台当たりの買い取りコストをできるだけ低く抑えるため、買い取り台数を毎日予測し、センター側の人員配置に反映している。持ち込まれる台数が想定を上回っても下回っても買い取り単価が膨らんでしまうため、予測は厳密に行っている」(同)。

今回のキャンペーンでいうと、前年同月に今年と同じくテレビCMを流した。その時の反応に加えて、2013年5月に行った今回と同様のキャンペーンの実績を加味し、お盆期間中の買い取り台数を見積もったという。

「スマホ買い取り」の認知度を早期に高めたい

斉藤マネージャーによれば、「100円買い取りのニーズは確実にあることを改めて確認できた。今回初めて持ち込んだお客様は『古い携帯電話でも売れるんだ』と思ってもらえただろう」と自信を深める。

「多くのお客様は、どこで携帯電話やスマホを買い取ってもらえるのか分からないのが実情だ。今回のキャンペーンをきっかけにして、『携帯電話やスマホを売るならブックオフ』というイメージを早期に確立させたい」

ブックオフは携帯電話とスマホの買い取りと中古品の販売に、大きな期待を寄せる。「この事業は今期に黒字化できるだろう。中古の携帯電話やスマホはここにきて、入荷するとすぐに売れる状況になってきた。実はガラケーもまだまだ買い手がいるし、中古品は(携帯電話の扱いが少なくなっている電話会社のショップと違って)機種の選択肢が豊富だ」と言い、新たな"鉱脈"と見る。

個人情報がたくさん含まれる携帯電話やスマホは、買い取りや中古品の販売には不向きと見られることもある。しかし現実には「だいぶ抵抗感がなくなってきているようだ」(斉藤マネージャー)。

もちろん、ブックオフも個人情報の取り扱いには慎重である。買い取る際はまず店頭において、本人の目の前でデータを消去する。そのうえで端末は全てデータ消去のセンターに集め、そこで改めてデータ消去の専用ソフトを使い、完全に消去する(写真3)。

消去作業の担当者が端末のクリーニングまで1人で受け持ち、"まっさらな"状態に戻して、約1週間後には中古品として店頭に並ぶ仕組みになっている。

(ITpro 川又英紀)

[ITpro 2013年8月20日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン