東海・東南海・南海地震で震源域は日向灘に延びる恐れ

(1/3ページ)
2011/4/21付
共有
保存
印刷
その他

 多数の想定震源域が連動して、国内観測史上、最大のM(マグニチュード)9.0を記録した東日本大震災。今後、起こり得る東海・東南海・南海地震も連動する可能性が高いと専門家から指摘されているが、その連動する距離が長くなる可能性が最近の研究から明らかになった。

 同地域での地震の履歴を追うと、1605年の慶長地震(M7.9)や1707年の宝永地震(M8.6)では三つの地震が連動。1854年には安政東海地震(M8.4)の32時間後に安政南海地震(M8.4)が、そして1944年には東南海地震(M7.9)の2年後に南海地震(M8.0)が発生した。江戸以降、100~150年の間隔で三つもしくは二つの地震が連動しており、次も同じような連動が想定されている。

 「東海・東南海・南海地震が連動した場合、西側の日向灘まで震源域が延びるパターンがあることが分かってきた」と、東京大学地震研究所の古村孝志教授は話す。古村教授は文部科学省の研究委託事業で、三つの地震が連動する場合の被害予測の研究に携わっている。

 高知大学理学部の岡村真教授らの研究では、大分県佐伯市の沿岸部にある龍神池の地質調査で、400~600年の間隔で押し寄せた巨大な津波による海の砂の堆積を確認している。この津波が龍神池まで押し寄せるメカニズムは、従来の東海・東南海・南海地震の想定震源域では説明できなかった。

 しかし、「日向灘まで震源域を延ばして発生する津波をシミュレーションすれば、龍神池での津波による堆積を説明できる」(古村教授)。プレート間の固着域のひずみの解析や低周波微動の調査など、この仮定を裏付ける研究成果も出ている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 12:22
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 20:30
19:52
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 18:17
16:16
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
19:43
12:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報