/

この記事は会員限定です

子宮筋腫の治療、お腹を切らない方法も

女性のお悩み解決手帳 子宮筋腫・卵巣のう腫(2)

[有料会員限定]
 月経がある女性の3~4人に1人が持っているという子宮筋腫。婦人科系の中では、ポピュラーな病気で40代に多い。卵巣のう腫は20~30代の若い女性にできやすい。ともに良性の腫瘍だが、子宮筋腫や卵巣のう腫があると、手術で取らなければならないのか? 答えは両者で異なる。

「子宮筋腫は症状がなければ経過観察だけで大丈夫だが、過多月経や貧血などの症状があって、日常生活に支障が出ている場合は、手術などの治療が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2209文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン