/

献立作成の負担軽く、管理栄養士向け栄養管理システム

日経デジタルヘルス

京セラ丸善システムインテグレーションは、患者の病態や治療目的に合わせて栄養給食を管理できるシステム「MEDIC DIET Ver.8」を、2014年6月20日に医療機関/施設向けに発売する。

MEDIC DIETは、食数や献立、材料の管理といった管理栄養士の業務を効率化できる栄養給食管理システム。患者個人の嗜好やアレルギー食品などを献立に反映できる。今回の最新版では、米MicrosoftのOS「Windows 8」に対応するとともに、献立作成や編集業務の機能を改善した。

主な特徴は次の5つ。(1)煩雑な献立作成の時間を短縮し、効率的に献立を作成できるようにする「献立パレット機能」を搭載した。(2)食品ごとに事前調理/当日調理の設定ができる「セントラルキッチン・クックチル」に対応させた。(3)患者の好みに合わせた「アラカルト献立」に対応させた。(4)仮発注と本発注の差分を「発注過不足チェック表」で確認し、足りない食材が一目で確認できるようにした。(5)外部の電子カルテやオーダリングシステムなどと連携し、喫食率を分析したり、廃棄量を可視化したりできるようにした。

(日経デジタルヘルス 大下淳一)

[日経テクノロジーオンライン 2014年6月20日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン