/

第2次補正予算案が衆院通過、22日に成立へ

第2次補正予算案の衆院通過後、自民党の谷垣総裁(左)にあいさつする菅首相

第2次補正予算案の衆院通過後、自民党の谷垣総裁(左)にあいさつする菅首相

東日本大震災の対応を盛り込んだ2011年度第2次補正予算案が20日の衆院本会議で民主、自民、公明各党などの賛成多数で可決され、参院に送付された。21日から参院で審議に入り、22日に成立する見込みだ。

2次補正の予算総額は1兆9988億円。被災者や企業が新たな借金を抱える二重ローン対策や東京電力福島第1原子力発電所事故を踏まえた放射線対策などに必要な経費を計上。被災自治体への地方交付税を増額したほか、「復旧・復興予備費」の8000億円も盛り込んだ。

2次補正の財源は新規国債を充てず、税収の上振れなどで生じた10年度の決算剰余金を活用する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン