テレビ・携帯 「厳冬」の1000万台時代 やめられない日本メーカーの事情

(1/4ページ)
(1/4ページ)
(1/4ページ)
2012/6/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電機メーカーの収益源だったテレビと携帯電話が、国内市場の急速な縮小に直面している。各社が軒並み赤字となったテレビ事業では、2012年に国内市場が1000万台となり08年の水準に戻る。携帯電話事業では国内メーカーが得意とする従来型端末がスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の急拡大に押され、12年度は1000万台に近づく。

かつての看板商品で国内ではブランドがあり、インターネットと家庭や個人をつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]