/

国内3位の巨大SC イオンモール幕張新都心を大解剖

2013年12月20日、千葉市美浜区のJR海浜幕張駅近くに「イオンモール幕張新都心」が開業した。

敷地面積約19万2000平方メートル、総賃貸面積約12万8000平方メートル、全長1.5キロの巨大ショッピングセンター(SC)で、国内第3位の規模となる。イオンモールの旗艦店と位置づけられ、幕張メッセなど周辺施設の利用者も含めて広域商圏から年間3500万人の来場者を見込んでいる。

敷地面積19万2000平方メートルに4つのモールが配置された巨大ショッピングモール「イオンモール幕張新都心」。JR海浜幕張駅、新習志野駅、幕張本郷駅と結ぶ路線バス4路線を新たに走らせ、バス停も4カ所を新設した。駐車場は幕張メッセも含めて最大1万3000台収容。高速道路を使えば、都心から40分足らずでアクセスできる(この記事の写真:竹井俊晴、橋長初代)

モールは「大人」「ファミリー」「スポーツ&家電」「ペット」をキーワードに世代やライフスタイルで分けた4つの施設で構成。「夢中が生まれる場所」をコンセプトに、イオン幕張新都心店のほか、日本初上陸や新業態、千葉初出店といった184店舗を含む約360の専門店を集積した。

4つのモールは2階デッキで連結されているが、端から端まで歩くだけでも30分はかかる
グランドモール1階「グリーンウォーク」の風の丘にはガーデンデザイナーの石原和幸氏が監修した立体庭園がある

「体験」から新たな消費ニーズを呼び起こす

最大の特徴は、「体験型施設」を多数導入したことだ。劇場、職業体験テーマパーク、特撮ヒーロー展示館などエンターテインメント施設だけでなく、物販エリアにも楽器演奏やピザ作り、スポーツ用品の試し打ち、自転車の試乗など、体験をウリにしたテナントがそろう。体験の場は、実に施設全体の3分の1にも及ぶ。

「例えば自転車を売るだけでなく、サイクリング会を企画すれば、仲間ができて新しいウエアも欲しくなる。音楽なら聴くだけにとどまらず、楽器演奏やレッスン、発表会もしたくなる。ココでしかできない体験の場を提供することで、新たなニーズを呼び起こすのが狙い」(イオンモール広報)という。

従来のショッピングモールは物販が主体で、イベントは土日の集客策の域を出なかった。しかし、昨今はネットでもモノが買える時代。モールにわざわざ足を運んでもらうには、買い物以外の楽しさを提供することが求められている。

東京湾を一望できる屋上展望台「グランドテラス」からは夕陽を望め、夏は花火大会も楽しめる
最大約1000人を収容する屋外ライブステージ「グランドスクエア」ではアーティストのライブなど多彩なイベントを実施。イベントスペースを全館に10カ所以上に設けた

常に体験の機会や場を提供することでリピーターを増やし、新たなニーズを喚起して購買意欲を誘う。さらに、若いファミリーだけでなく、シニア世代も一緒に楽しい時間を過ごしてもらうことで、親子3世代を取り込んでいく。体験や思い出づくり、絆づくりに重点を置いて随所に「仕掛け」を設けたのが同店というわけだ。イオンモールでは今後、同じコンセプトのモールを広げていく方針で、同店が試金石となる。

ただ、同店から半径5キロ圏内にある「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」が大規模なリニューアルを行うなど、迎え撃つ側も仕掛け作りに躍起だ。体験重視のショッピングモールが消費の新たな主役となれるのか。注目施設を中心にリポートする。

モール内は無料の巡回バスのほか、人力三輪車タクシー「シクロポリタン」でも移動できる。大人2人と子供1人まで乗車可能

お笑い劇場から大人向け書店、デンマーク発低価格雑貨店まで

大人をキーワードとする「グランドモール」は、ゆったりした上質な空間が印象的。1階フロアの広い通路には落ち着いた雰囲気のソファが並び、百貨店のような雰囲気さえ漂う。

グランドモールの巨大な吹き抜けを利用し、物産展やメーカーイベントが行われる「イオンコート」。他にも2カ所のイベントスペースがあり、ゾーンの世界観に合わせたイべントを開催する

大人のホビーゾーンには、代官山で人気の「蔦屋書店」が出店。書籍はもちろん音楽や映画も堪能でき、コーヒーを飲みながら自分だけの自由な時間を過ごせる。3階のフードコートも大人向けで、従来のイメージとは一線を画すシックな内装デザイン。ライブ感を味わいながら人気レストランのいち押し料理を味わえるのが魅力だ。

グランドモールは3フロア構成で全237店舗が出店。なかでも注目は、吉本興業初のショッピングモール内常設劇場「よしもと幕張イオンモール劇場」だ。9つ目の直営劇場で人気芸人のお笑いライブはもちろん、アイドルの公演、ダンスパフォーマンスなどが毎日3回、日替わりで行われる。ここからテレビ番組が中継され、エンターテインメントの発信拠点にしていくという。さらに、芸人やタレントによる「笑って学べるカルチャースクール」も開校。多彩なワークショップが開かれるので、一度は体験してみたい。

吉本興業初のショッピングモール内常設劇場となる「よしもと幕張イオンモール劇場」。テレビ番組の収録やネットで動画配信も行われる
「イオンシネマ」は千葉県初登場。10スクリーン、約1600席で、映画のシーンと連動して座席が動く「D-BOX」を導入
ジャズやクラシックなど大人の音楽が充実した音楽ゾーン、名作やDVD化されていない映像作品までそろう映画ゾーンなど、代官山店のコンセプトをそのまま持ち込んだ「蔦屋書店」
楽器の品ぞろえはもちろん、音楽教室やスタジオを併設した「島村楽器」は大人のホビーゾーンにある

ほかには、日本初上陸のデンマーク発低価格雑貨店「ソストレーネ・グレーネ」や「ナムコ キャラポップストア オトメイト」「ブシロードストア」など、最先端のポップカルチャーを集積した「ジャパンポップジャングル」、メーカーのアンテナショップやイートインスぺースを併設したグルメゾーン「ぐるめぐり」が見逃せない。

また「島村楽器」には楽器のレッスンが受けられるスタジオを併設。食品サンプルや革小物を手作りできる体験型ショップもあり、飽きさせない工夫が随所に盛り込まれている。

ファッションや雑貨店に併設したカフェのほか、「ガンダムカフェ」や鉄道カフェなど、マニア垂涎(すいぜん)のコンセプト型カフェが充実しているのも特徴だ。

日本初上陸のデンマーク発低価格雑貨店「ソストレーネ・グレーネ」。キッチン雑貨や生活雑貨など北欧テイストの雑貨が100~300円で買える
ソストレーネ・グレーネは迷路のような通路とクラシック音楽、薄暗い照明にナチュラルな香りと、五感を刺激する店づくりが特徴
アニメやゲームを題材に、遊びとオリジナルグッズとカフェを融合した「ナムコ キャラポップストア」。初回テーマは女性向け恋愛ゲームブランド「オトメイト」で登場
ガンダムの世界観を楽しめる「ガンダムカフェ」は千葉初出店。機動戦士ガンダムのジオン軍をモチーフとしたコンセプトショップで、店頭では幅3.4m、奥行き3.9m、高さ2.5mの実物大のザクが出迎えてくれる
合羽橋の老舗「元祖食品サンプル屋」では食品サンプルキットを販売するほか、サンプル製作を体験できるスタジオを用意。ベテラン職人が考案した"メニュー"を手作りできる。予約制で1回40分~1時間

写真で見て歩く「グランドモール」

写真左:バッグ・革小物専門店「スタジオエス」ではオーダーメイドのほか、手作り教室も行っている。写真右:レディス、メンズ、キッズと生活雑貨をそろえるライフスタイルストア「デッサン アンタイトル」の1号店。上品なトラッドをベースに、クリーンでリラックス感のある着こなしを提案する
スウェーデン発のファストファッション「H&M」は約2000平方メートルの広さ。傘下のブランド「モンキ」と並んで出店。モンキは国内3店舗目でショッピングモール内ストアとしては初の出店
ファッション性の高い靴とバッグをリーズナブルな価格で展開するシンガポール発のファストファッション「チャールズ&キース」
大人世代のライフスタイルを提案するジュンのカフェ併設1号店「ルジュン カフェドロペ ラメール」
メーカーのコンセプトショップや惣菜、スイーツなど25店舗が軒を連ねるグルメゾーン「ぐるめぐり」。雪印メグミルクの「ロッピーパーク」やカルビーの「カルビープラス」、アマゾンフルーツ、アサイーのコンセプトショップ「フルッタフルッタ アサイーファクトリー」も出店
キリングループ初の体験型コンセプトショップ「キリン スマイル ファクトリー」。ビールやワインのほか、グループの商品を使ったソフトクリームやカレーパンなどオリジナルのメニューを味わえる
北海道の物産店とレストラン「北海道の空(どさんこマルシェ/ノーザン グリル ラブロス)」
広さ約4500平方メートルに、中華からイタリアン、うどん、ラーメン、グルメバーガー、バーまで18の人気レストランが集結した大人向けのフードコート「ライブキッチン」。席数は約1300席でイオンモール最大規模。価格は従来のフードコートとは異なり、やや高め。テラスからは富士山やスカイツリーが望める
厨房の熱気や調理のライブ感がダイナミックに伝わってくるよう、キッチンカウンターを低めに設計してある
ヴィレッジヴァンガードがプロデュースする大人のためのハンバーガー専門店「ダイナー」
写真左:2階のレストラン街「グランドダイナーズ」にはふわとろ横浜発祥でオムライスが名物の洋食店「キッチンジョーズ」や「牛たん炭焼 利休」など千葉県初出店の8店舗を含む14店舗が並ぶ。写真右:スープストックトーキョーが手がけるファミリーレストラン「100本のスプーン」。「オマール海老と帆立のソースライス」や「東京ビーフシチュー」などスープ作りから生まれた懐かしい洋食が自慢

親子3世代で楽しめる、日本初のレストラン併設職業体験テーマパーク

親子3世代をターゲットにした「ファミリーモール」には、体験型テーマパークやエンターテインメント施設、メーカーのアンテナショップなど約80店舗が勢ぞろいした。幼児に合わせたテーブルや椅子を配置したフードコートのほか、噴水やビーチなど水遊びができる屋上公園もあり、子供連れにはとっては1日中楽しめる施設になっている。

特に注目なのが、日本初のレストラン併設職業体験テーマパーク「カンドゥー」だ。ららぽーと豊洲とららぽーと甲子園にあるキッザニアの創設者が新たに手がける施設で、世界で3店舗目。広さは約2500平方メートルとキッザニアよりは小規模だが、レストランとパビリオンを融合し、シニア層も楽しめる工夫が施されている。

米国発職業体験テーマパーク「カンドゥー」の世界3号店。エントランスでは日本航空の飛行機の機体が目を引く。カギ穴の断面をしたトンネルを抜けるとファンタジーの世界が広がる

パーク内は中央に約530席の大型レストランを配置し、それを取り囲む形で約35のパビリオンが並んでいる。警察署や銀行、ラジオ局、劇場、ファッションモデルなどの仕事を疑似体験でき、家族はその様子を中央のレストランから見守れるので安心だ。

ディスクジョッキーを体験できるラジオ局のパビリオン
日本航空のパビリオンにはコックピットや操縦シミュレーターなど本格的な設備が用意されている
ファッションモデルの仕事を体験できるオンワード樫山のパビリオン

「レストランを併設し、大人もアクティビティに参加できるのがキッザニアとの大きな違い。レストランは指定席制で、座りたいときに座れる。3時間ゆっくり家族と過ごせるので、シニアにも楽しんでほしい」と、カンドゥージャパンの越純一郎社長は話す。

パーク中央に設けられたレストランは指定席制になっているので、シニア世代も安心してゆっくり過ごせる
約2500平方メートルのパーク内は「イタリアン」「宇宙」「アメリカンダイナー」「カンドゥー・シアター」「フレンチ・クォーター」「マジックビレッジ」をテーマにした6つのゾーンで構成
「ピッツァランドTOKYO」では職人のユニフォームを着てピザ作りが体験できる。作ったピザを持ち帰れるのもうれしい。子供1人1500円、ペア参加で1人1400円
「ばかうけ」でおなじみの栗山米菓初の体験型アンテナショップ「ばかうけサーカス」。同社の観光施設「新潟せんべい王国」で人気のせんべい手焼き体験コーナーを再現。自分でばかうけを焼いて味付けして持ち帰りできる
鉄道模型専門店「ポポンデッタ」にはジオラマとNゲージのレイアウトが設置されており、自分の車両を走らせられる。千葉県の館山駅に常備されるエ500形と、ガソリン専用タンク車のタキ50000日本陸運産業仕様車を限定販売

親子でうれしい「東映ヒーローワールド」

特撮ヒーローファン必見なのが、東映の歴代ヒーローの所蔵品を展示した体験型エンターテインメント施設「東映ヒーローワールド」だ。ヒーローが集う秘密基地の設定で、怪人と格闘するシーンをリアルに再現。「仮面ライダー」「スーパー戦隊」シリーズなどで実際に使用されたスーツや小道具など総数100点が展示されている。

新サイクロン号に乗った仮面ライダー新1号とショッカーの戦いを再現したコーナーは親世代にとっては感動ものだ。懐かしい作品から最新情報まで展示した「ヒーロー博物館」も圧巻。ほかにも特撮ヒーローになりきれるアトラクションやオリジナルフードを味わえるカフェ、物販コーナーがあり、小さな子供連れから大人のファンまで楽しめそう。

東映の歴代ヒーローの所蔵品を見学でき、アトラクションでヒーロー体験もできる「東映ヒーローワールド」。今年秋まで放映されていた「仮面ライダーウィザード」も展示されている
「ヒーローワールドカフェ」には仮面ライダーやショッカーをモチーフにした中華まんなど、子供が手軽に食べられるメニューも用意
歴代ヒーローから最新情報まで展示する「ヒーロー博物館」
1970年代に放映された仮面ライダー新1号と新サイクロン号。子供のころは毎週見ていた親世代にとっては懐かしい作品
仮面ライダー電王に登場した「時の列車デンライナー」に乗って施設内をパトロールするライドアトラクション。1回300円
イオングループが展開する室内遊園地「モーリーファンタジー」ではAR技術を応用したデジタルサイネージ「ララちゃんのうごくぬりえ」を体験できる。塗り絵を塗って、店頭のディスプレイにかざすと塗った通りのキャラクターが画面上に飛び出してくる。ファンクラブに入会すれば、スマホ用アプリがもらえる
少女漫画雑誌「ちゃお」の人気キャラクターアイテムが目白押しの「ちゃおガールセレクト」は千葉初出店。イラストスクールも開催
カフェ併設のキッズセレクトショップ「リボンハッカキッズ/カフェアール」。このゾーンには「ヒステリックミニ」「バービー/ジルスチュアート ニューヨーク」などベビー・キッズファッションの専門店が約20店舗並ぶ
広さ約1800平方メートル、客席数約600席のフードコート「ごちそうパーク」。幼児用に低いテーブルと椅子を配置したコーナーも
未来屋書店の新業態「みらいやのもり」では子供の関心分野別に分類した世界観が異なる4つのゾーンで構成。子供向けのセルフレジがあり、買い物を体験できる。科学実験ワークショップなど毎週末多彩なイベントを開催

ボルダリングスタジオやフットサルコートも

店舗面積約1万5000平方メートルと国内最大級の規模となる「スポーツオーソリティ」の旗艦店を中心に、充実した品ぞろえのサイクルゾーンやスポーツ関連家電を集積したのが「アクティブモール」。

スポーツオーソリティは1階がアウトドア愛好家に向けたトレッキング・キャンプのフロア、2階がチームスポーツとスポーツファッションのフロア、3階がランニング、ゴルフなど個人競技と健康関連のフロアで構成。ブランドショップと施設を含め、全22店舗が出店している。

約430平方メートルの大型ボルダリングスタジオ「ペキペキ」では、子供専用ウォールのほか、上級者から初心者までレベルに応じたコースレイアウトが設定されているので、気軽に楽しめる

注目はやはり、モール内に体験施設を備えたことだ。約430平方メートルの大型ボルダリングスタジオ「ペキペキ」をはじめ、インドアテニスの「アルドールテニスステージ」「K9フットサルコート」「3on3コート」を完備。さらに、売り場内にも約500本の試打シャフトをそろえた「シャフトミュージアム」と「ゴルフシミュレーター」のほか、野球、テニス、バドミントンの試し打ちやサッカーの試し蹴りができる体験コーナーが充実している。ジャンルごとに元スポーツ選手らが専門スタッフとして接客対応し、プレイのアドバイスもしてくれるので安心して相談できそう。

3階屋上の「K9フットサルパーク」にはナイター設備を完備したフットサルコートが2面
ランニング専門スタッフが足のサイズ測定から足の圧力バランス測定、走り方のクセのチェックまで行う「フットラボ」。顧客に合ったシューズ選びをサポートする
最先端の性能を搭載したX-GOLFを2打席設置した「ゴルフシミュレーター」。ブースの時間貸しもあり、気の合うメンバーでのラウンドも可能
テニスやバドミントンなどラケットを試し打ちできるコーナー

ほかにも「コロンビアスポーツウェア」による、世界初の4ブランドコンセプトショップや国内最大級の「ナイキバスケットボールスペース」、「ザ ノース フェイス プラス」など、人気ブランドのショップが多数そろっているのも見逃せない。

リハビリのほか、スペシャリストによるトレーニングや体のメンテナンスに関するアドバイスを受けられる「クリニック・コンディショニングセンター」
アディダス、ナイキなど世界のスポーツブランド12店舗が一堂に集結した「ブランドストリート」。国際大会で使用される最新テクノロジーウエアからトレンドのカジュアルウエアまで幅広い品ぞろえ
自転車の試乗コースを完備するほか、圧倒的な品ぞろえで展開するサイクルゾーン。トップブランドのスポーツバイクからサイクルファッションまでそろう「サイクルテラス」と、ファミリーユースの自転車を展開する「イオンバイク」が出店。トップレーサーと楽しむツーリングイベントや子供向けの自転車教室などイベントも多彩
60インチ×9面の大型モニターを設置した約250平方メートルのイベントスペース「スポーツオーソリティコート」。スポーツ選手や著名人によるトークショーや新製品発表会などのイベントを開催
「ランニングステーション」には男女別専用更衣室とロッカー、シャワールームを完備。シューズ、ウエア、タオルのレンタルも行っているので手ぶらでもOK。千葉市のオフィシャルランニングコースにも近い。営業時間は7時~23時、年中無休

ペットのリハビリ専用プールまで完備

ペットの健康や高齢化、しつけといったさまざまな問題を解決し、ペットと安心して暮らすための商品とサービスを提供するのが「ペットモール」。店舗面積約2000平方メートルの総合ペットストア「ペコス」は、中央に吹き抜けを配した開放感のある空間が印象的だ。

1階には夜間救急も可能な24時間診療の動物病院を開設したほか、リハビリやダイエットのためのウォーターセラピーに対応したジェットプール、老犬のトリミングにも対応するビューティサロン、介護サービスや医療ケアも行う総室数100室のペットホテルを設けた。2階にはオーガニックフードやナチュラル志向のウエアや雑貨をそろえた物販エリアを展開する。

ウォーターセラピーのコーナーでは獣医師の指導によるメディカルコースやスイミングコース、エクササイズコースを用意

さらに屋外にはドッグランやドッグカフェを併設したドトールコーヒーショップが出店している。

ペットモール内はペット同伴で入店できるので、愛犬と1日ゆっくりと過ごせるのが魅力。ペット販売コーナーはもちろん、ビューティサロンや水泳教室、トレーニングルームなどはガラス張りで外から見えるため、ペットを飼っていなくても十分楽しめそうだ。

トリミングを行う「ビューティサロン」では高齢犬用に足腰に負担の少ないグルーミングテーブルやストレスを軽減できる個室も用意
眼科、腫瘍科など専門分野の獣医師が待機する「イオン動物医療センター」。IT(情報技術)を活用した診療支援システムを導入し、安心のできる医療サービスを提供
物販エリアはペットフードからウエア、雑貨、スイーツまで品ぞろえは豊富。動物をモチーフにしたアクセサリーや書籍などもそろえ、ペットを飼っていない人でも楽しめる
ナチュラル志向の愛犬用ウエアやオーガニックフードも商品ラインアップは多彩
デリカ&スイーツも販売。店内のイートインコーナーでペットと一緒に食事を楽しめ、料理教室も体験できる

(ライター 橋長初代)

[日経トレンディネット2013年12月20日付の記事を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン