「十字架委員長」河上丈太郎(3) 麻生久急死で翼賛会総務に
特別編集委員 安藤俊裕

2010/12/26 12:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1930年(昭和5年)の選挙で落選した河上丈太郎は6年に及ぶ苦難の生活を強いられた。同年4月、鐘紡の大阪工場と兵庫工場で大規模なストライキが始まった。大阪工場は西尾末広の総同盟が、兵庫工場は坂本孝三郎の総連合が指導していた。西尾と坂本は労働運動の初期には同志であったが、その後不仲となり、対立関係にあった。河上は総連合の坂本の依頼を受けて兵庫工場の労働側争議団の交渉役になった。この争議は会社側の切…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

これまでの「政客列伝」

電子版トップ



[PR]