2019年9月15日(日)

グーグルのしたたかSNS戦略 水面下で検索改革
ブロガー 藤代 裕之

(1/3ページ)
2014/5/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

「Google+(グーグルプラス)ってゴーストタウンだよね?」。グーグルが運営するSNSであるグーグルプラスは、LINEやツイッター、フェイスブックなどに比べると存在感が薄い。「日本のSNS利用でLINEに次ぐ2位はGoogle+(グーグルプラス)」と、総務省が4月に発表した調査で明らかになると、「間違いではないか」と話題となったほどだ。調査は回答者が「グーグル」と間違えた可能性がある事が分かり、騒動は沈静化した。ただ、グーグルは、企業や個人がグーグルプラスを使わざるを得なくなる仕組みをひそかに導入しつつある。

■鬼門のソーシャルサービス

グーグルプラスを紹介する冊子

グーグルプラスを紹介する冊子

グーグルプラスの月間アクティブ数は世界で5億4,000万ある。日本国内の数値は未公表だが、ゴーストタウンというほどではない。ジャストシステムの「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年4月版)」によると、グーグルプラスに関して「このサービスを現在利用している」と回答したのは17.2%、ツイッターの36.4%には及ばないが、mixiの16.5%より多い。14.6%だった1年前にくらべてじわりと増えている。

激しい争いが繰り広げられるソーシャルサービスだが、ウェブを制覇している巨大企業グーグルにとって鬼門だった。グーグルプラスは、2011年の6月に招待制で始まった。それまでに、Orkut、Buzz、Waveなどのソーシャルへの取り組みが相次いで失敗しており、エリック・シュミット会長(当時)が「ソーシャルネットワーキング分野で方向性を間違った」とインタビューに答えたことも話題となった。

グーグルプラスには、企業向けのグーグルページや、同じ趣味や関心を持つ人たちが集まるコミュニティーも存在しており、機能的にはフェイスブック対抗と受け止められている部分もある。しかしながら、グーグルの山本裕介プロダクトマーケティングマネージャーは、フェイスブック対抗は誤解とする。「GメールやYouTube、(ビデオ会議システムの)ハングアウトといったグーグルの各種サービスを便利に使うために始まったプロジェクトで、Spine(背骨)と呼んでいます」(山本氏)。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。