/

この記事は会員限定です

管理職のストレス、ドラッカー「好かれる上司やめよ」

ドラッカーに学ぶココロの処方箋(7)

[有料会員限定]
 「専門職および管理職の死亡率は1990年代の後半から2000年にかけて約70%増加した」「中でも管理職の自殺率が著しく高くなった」――北里大学の和田博士らの研究でこうした事実が明らかになった。一方、産業能率大学の2010年の調査では、「職種別人口では、管理職は20年間で半分以下に減少した」ことが分かった。管理職への負担増による健康面、特にメンタルヘルスへの影響が懸念される。前に「部下が上司をマネジメントする」ことの重要性を書いたが、上司自身もメンタルヘルスに対するセルフケアが必要だ。今回はドラッカーの言葉から、上司自身が「メンタルヘルスをマネジメントする」ためのキーワードを探ってみよう。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3947文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン