/

この記事は会員限定です

政権に「行動」を促す相場水準に渦巻く思惑

編集委員 梶原誠

[有料会員限定]

安倍晋三政権が、市場との関係強化に乗り出した。アベノミクスを評価する市場を味方につけないと、来月に迫る参院選にも逆風だからだ。そんな事情をかぎ取った市場関係者の間には、政権が市場のテコ入れに乗り出す株価や円相場の水準を巡り、思惑が渦巻いている。

関連記事
・5月24日日経朝刊4面「首相官邸」(ルーベンスタイン氏ら訪問)
・6月11日日経朝刊3面「首相、参院選後も経済優先」
・6月20日日経電子版「首相、20年までに対日投資倍増を目標 英で演説」

国家版のIR(投資家向け広報)ともいえる活動を伝えるニュースは多い。安倍首相は19日、ロンドンの金融街シティーで投資家やエコノミストを相手に演説し、今月決...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り925文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン