/

下柳が現役引退表明 44歳、阪神などで通算129勝

プロ野球阪神などで通算129勝を挙げた下柳剛投手(44)が20日、現役引退を表明した。昨年、楽天から自由契約となった後も現役続行を希望して、今春には米大リーグ、ドジャース傘下のマイナーの入団テストを受けたが、不合格に終わっていた。

下柳は20日付で更新した自身のブログで、日本と米国のどちらの球団からもオファーがなかったことを明かし「これからは違う角度から野球を勉強したい」とつづった。

下柳は1991年に新日鉄君津からドラフト4位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。日本ハムを経て2003年から阪神でプレーし、05年には15勝を挙げて最多勝を獲得した。昨年はテスト生から楽天に入団したが、4試合で0勝2敗、防御率5.29だった。通算成績は22年間で627試合に登板して129勝106敗22セーブ、防御率3.92。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン