ヒラリー氏、次の大統領選出馬「来年決断」

2013/12/20付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】クリントン前米国務長官(66)は19日までにABCテレビのインタビューで、2016年の次期大統領選に出馬するかどうかについて「私に何ができるかをよく考えて、来年のいずれかの段階で決める」と明言した。

クリントン氏は「難しい決断なので慌てたくない」と述べ、次期大統領選の話題は早すぎると強調。米経済の再生が道半ばであることを指摘し「今起きていることに関心を向けるべきだと思う」と語った。

クリントン氏は民主党内で高い人気を維持しているが、オバマ大統領の支持率低迷が続けば、共和党候補との本選は厳しい戦いとなる。

クリントン氏は一方で、米国でも女性大統領が誕生するのは「重要なことだ」と述べ「いずれはホワイトハウスで女性(大統領)を見たい」と語った。

夫のクリントン元大統領が出馬をどう考えているかについては「彼は私が正しいと思うことをやるべきだと考えている」と述べ、決断を任されているとの認識を示した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]