/

この記事は会員限定です

3Dプリンターで住宅建設、「あり得ない」形状も自在に

建設ITジャーナリスト 家入龍太

[有料会員限定]
 3次元データから立体模型を造る3Dプリンターが、建築分野にも広がり始めた。複雑な曲面を短時間で造形できる特徴を生かせば、その応用は模型造りにとどまらない。海外では、巨大な3Dプリンターで実物大の住宅を造る計画も進んでいる。(日経アーキテクチュア)

紙テープをひとひねりして輪にした「メビウスの帯」のような住宅――(図1)。オランダの設計事務所であるユニバース・アーキテクチュアの建築家、ヤンヤープ・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3202文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン