/

この記事は会員限定です

「三本の矢」になれぬアベノミクス官邸会議

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

首相の安倍晋三を支える3つの政策会議が「三本の矢」になれずにいる。経済財政諮問会議、産業競争力会議、規制改革会議のすみ分けが曖昧で連携も乏しい。成長戦略を巡る議論に矛盾や摩擦も出始め、アベノミクスの基本哲学はぼやけている。

規制「緩和」と「強化」の2論並行

18日午前、首相官邸での諮問会議。経済財政・再生相の甘利明が臨時に招いて意見陳述を求めたのは、ベンチャーキャピタルのデフタ・パートナーズグループ会長である原丈人だった。

「革新的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン