/

この記事は会員限定です

物価考 主婦が生んだ地域通貨、高齢者つなぐ

NPO法人・友―友の小林房子代表理事

眠れるヒント(4) インタビュー

[有料会員限定]

超高齢化が進む大阪・千里ニュータウンで、地域通貨を使って地域の活性化に取り組む主婦がいる。高齢化社会でいかにヒト・モノ・カネを動かすか。NPO法人「友ー友」代表理事の小林房子さんの話にはヒントが詰まっている。

――地域通貨「いっぽ」の発行を始めた狙いは。

「昔は隣の人に何かお世話になったら盆暮れに菓子折りを持っていったでしょ。それはもらう方も、渡す方もしんどい。お金だと受け取らない人もいる。でも地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン