/

この記事は会員限定です

安価な全天球カメラ、簡素な内部に見た高度な光学技術

[有料会員限定]
 平たいきょう体に二つの魚眼レンズ――。こんな一風変わった外観を持つデジタルカメラが登場した。リコーが開発した、全天球画像を撮影可能な製品「RICOH THETA(シータ)」(国内発売は2013年11月)である。ここでは、THETAの使い勝手と構造などを検証する。

全天球画像を撮影できるデジタルカメラはこれまでも存在したが、レンズや撮像素子を多数搭載した大型の製品で、プロあるいはセミプロを対象とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2635文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン