/

独衛星落下21~24日ごろ 文科省サイトに情報

文部科学省は19日、地球に今月下旬に落下する見込みのドイツのエックス線観測衛星「ROSAT」に関する情報をホームページに掲載した。随時、最新の情報に更新するとしている。

ドイツの衛星、21~24日に落下か。破片が日本に落ちる可能性も

ドイツの衛星、21~24日に落下か。破片が日本に落ちる可能性も

ホームページには、ドイツ航空宇宙センターの発表を日本語に訳して掲載。衛星は21~24日ごろに大気圏に突入する見込みで、耐熱性の高い望遠鏡の鏡部分などの部品、最大約30個(重さ約1.7トン)が燃え尽きずに、地上に落ちてくる可能性がある。

詳しい落下場所は不明だが、日本を含む広い範囲の可能性があり、同センターは落下物で人がけがをする確率は2千分の1と試算。9月に落下した米人工衛星が、人にけがをさせる確率を3200分の1としたのよりやや高い。

最新情報を伝えるアドレスはhttp://www.facebook.com/mextjapan〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン