2018年1月19日(金)

お見舞いにユリはタブー 冠婚葬祭に贈る花

スキルアップ
(1/3ページ)
2011/8/26 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 弔事やお祝いなど、ビジネスシーンで花を贈る場面は意外に多い。だがシーンによっては、贈ると失礼に当たる花がある。生花店に用途を伝え、相談するのが得策だが、最低限のマナーは知っておきたい。

 バラと椿は弔事に不向き。バラはとげがあり、椿は花全体が落ちやすいからだ。逆に贈って間違いがない花は、和菊、カーネーション、トルコキキョウ、ユリ。色は、四十九日まで白一色で統一するのが基本。「特に枕花は真っ白が原則…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

日経BPの関連記事



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報