/

ウィンドウズ8不振 MS社長「タッチパネル不足が痛い」

PC単価の高さ「春商戦で緩和」

日本マイクロソフト(MS)の樋口泰行社長は19日、2012年10月26日に発売したパソコン向け基本ソフト(OS)「Windows(ウィンドウズ)8」搭載パソコンの販売状況について「11~12月はもう少し伸びてほしかった」と語り、販売が伸び悩んでいることを認めた。同日開催されたNTT東日本の中堅・中小企業向けパソコン導入支援サービスの発表会で、日本経済新聞記者の質問に答えた。

スマホやタブレット好調の影響受ける

NTT東日本の発表会であいさつする日本マイクロソフトの樋口泰行社長(19日、東京・千代田)

調査会社のIDCジャパン(東京・千代田)が18日に発表した12年10~12月の国内パソコン出荷台数は前年同期比5.4%減にとどまった。特に家庭向けは同10.4%減と不振で、ウィンドウズ8がパソコン販売をけん引する効果はみられなかった。

樋口社長はウィンドウズ8の伸び悩みの理由について、「タッチパネル不足が一番痛かった」と述べた。ウィンドウズ8はパソコンに加えてタブレット(多機能携帯端末)にも対応し、画面に指先でタッチして使えるよう操作体系を大幅に変更した。

パソコンメーカー各社はウィンドウズ8の発売に合わせ、上位モデルを中心にタッチパネル搭載パソコンのラインアップを増やした。しかし、同様にタッチパネルを搭載するスマートフォン(スマホ)やタブレットの市場が好調に推移していることもあり、肝心のタッチパネルが供給不足に陥っている。樋口社長はこうしたタッチパネルの供給不足の影響で、タッチパネル搭載パソコンの出荷も落ち込んだとの見方を示した。

今後の見通しについて樋口社長は「タッチパネルは3~4月に向けて供給が増え、不足は改善するとみている」と語り、春の新年度商戦ではパソコン上位モデルの出荷がタッチパネル不足で滞る事態は起きないとの認識を示した。

新操作体系には自信

ウィンドウズ8のスタート画面。「操作体系が分かりにくい」との声も

ウィンドウズ8搭載パソコンについて、単価の高さも不振の原因と指摘する声もある。これについては「年末商戦の時点では従来版のウィンドウズ7搭載パソコンの在庫が残っていたため、消費者の目にはウィンドウズ8搭載パソコンが比較的高めに映ったと考えている。タッチパネルを新たに搭載したことによる部材コストの上昇もある」と分析する。

そのうえで、新年度商戦では「製品単価がこなれてくるし、CPUの性能や外観などで魅力ある製品も発売される。新年度を機に勉強用としてパソコンを購入する意欲も高まってくるだろう。短期戦ではなく長期戦で盛り返していきたい」と語り、年末商戦での伸び悩みの挽回に意欲をみせた。

ウィンドウズ8の操作体系が従来のOSと大きく異なり、消費者が戸惑いを感じているのではとの指摘に対しては、「操作体系を変えるごとに当社への問い合わせは増える。新しい操作体系の採用にはいつもジレンマがあるが、相当のテストや検証をしたうえで採用している」と説明。ウィンドウズ8の新たな操作体系が時間とともに受け入れられることに自信をみせた。

(電子報道部 金子寛人)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン