/

この記事は会員限定です

原発コストの虚実、孫氏の再生エネ財団 政府計画に反論

編集委員 滝 順一

[有料会員限定]

政府は原子力の維持を目指すエネルギー基本計画の原案をまとめた。これに対し、再生可能エネルギーの導入拡大を主張する自然エネルギー財団(会長・孫正義ソフトバンク社長)は「脱原発に向けてかじを切った方が長期的には得になる」とした提言を発表した。なぜそう考えるのか、大野輝之・同財団常務理事に聞いた。

原子力の発電コストは今後2倍になる

――原子力に依存しない成長戦略を提唱している。

「今すぐ原発をゼロにしろと主張しているのではない。大方針と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2652文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン