/

マイクロソフトのモバイル戦略は「明確なミス」、ゲイツ氏認める

米Microsoft(マイクロソフト)共同創業者兼会長のBill Gates(ビル・ゲイツ)氏は、テレビ番組のインタビューで、Microsoftのモバイル戦略は明らかなミスだったと発言した。複数の米メディア(CBS News、VentureBeat、Inquisitrなど)が、現地時間2013年2月18日に報じている。

Gates氏が出演したのは、同日朝のニュース番組「CBS This Morning」。現最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer(スティーブ・バルマー)氏の遂行能力に満足かとの問いに、「彼も私も著しく自己批判するタイプだから、想像がつくだろう」と回答。

続けて、2012年にBallmer氏のリーダーシップのもとで成し遂げられた多数の素晴らしい業績として「Windows 8」や「Surface」「Bing」「Xbox」などを挙げたのち、「しかしそれで十分か? いやそうではない。重大な革新の成果という観点からすると、2人ともできる限りのことをしていると満足しているわけではない」と述べた。

また携帯電話事業については、Microsoftが「早期に主導権をつかめなかった」と認めた。「携帯電話を見過ごしたわけではないが、われわれの選んだ方針では主導的地位に立つことができなかった。つまり、明らかに間違っていた」と語った。

米IDCが2月14日に発表した調査結果によると、2012年第4四半期の世界スマートフォン市場は米Googleの「Android(アンドロイド)」と米Appleの「iOS」が合計で9割以上を占めた。一方Microsoftの「Windows Phone」と「Windows Mobile」のシェアは、わずか2.6%にとどまった。

[ITpro 2013年2月19日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン