2019年1月22日(火)

ヨーカ堂「正社員半減」の挑戦 パートに託す命運

(1/3ページ)
2012/12/24付
保存
共有
印刷
その他

イトーヨーカ堂が東京都内と埼玉県の2店舗でパート従業員の比率を9割に高めた店舗運営を始めて1カ月。総合スーパーのコスト構造を転換する試みが徐々に動き始めた。聖域だった「人」の見直しに踏み込み、3年かけ全店に広げて正社員を半分に減らす。その一方でパートを育てセルフ方式から接客販売重視にかじを切る。再生の道をパートの活力に託すヨーカ堂はどう変わるのか。実験店の売り場で変化の芽を追った。

売り場革新、接客・管理…増す非正社員の責任

食品売り場で働くパートの平井さん(左から3人目)は、午前中はマネジャー代行として従業員をとりまとめる(東京都墨田区のイトーヨーカドー曳舟店)

食品売り場で働くパートの平井さん(左から3人目)は、午前中はマネジャー代行として従業員をとりまとめる(東京都墨田区のイトーヨーカドー曳舟店)

「明日は気温がぐっと下がります。鍋商材に加え、ラーメンも厚めの発注をお願いします」

12月6日午前10時半。曳舟店(東京・墨田)の地下1階にあるバックルームで食品担当の朝礼が始まった。主役はパートの平井朋子さん(48)。普段はヨーグルト売り場の担当だが、午前中は正社員に代わって「マネジャー代行」を務める。

曳舟店は84人いた正社員を51人に縮小。パートは73人増え325人。パート比率は10ポイント上昇して86%になった

ヨーカ堂のパートは「リーダー」「キャリア」「レギュラー」の3層構造。今回の改革では全体の10%弱にあたる「リーダー」を増やす。曳舟店では牛乳やパンなど日配品担当の社員を4人から2人に。平井さんは発注業務や売り場レイアウトも手掛けつつ、レジ待ちの列が出来れば、誰を応援に向かわせるか即座に判断を求められる。

草加店の婦人服売り場で働く倉本さん(右)は、新人教育と並行し発注や売り場変更もこなす(埼玉県草加市)

草加店の婦人服売り場で働く倉本さん(右)は、新人教育と並行し発注や売り場変更もこなす(埼玉県草加市)

「このシャツとセーターは合うわね。マフラーも選んでみようか」

6日午後2時。草加店(埼玉県草加市)の婦人服フロアで即席の新人教育が始まった。講師はパート10年目の倉本康子さん(48)。1カ月半前に入店した新人女性(45)に着こなしを指南する。倉本さんが働くプライベートブランド(PB=自主企画)売り場に社員はいない。

婦人服売り場の売上高のうち接客を伴った販売額の割合は26→70%(草加店)。パートによる接客密度は上がった

「接客の基礎が抜け落ちていた。仕組みも作り直している」

パート教育の指揮を執る泉井清志トレーニング担当総括マネジャーはセブン―イレブン・ジャパンから出向。オーナーの経営感覚を磨く店舗支援員のまとめ役だった。ヨーカ堂が現場の教育担当をセブンから受け入れるのは初の試みだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報