/

ソニー、「VAIO」カスタマイズモデルの受注終了

ソニーは2014年3月18日、パソコン「VAIO」製品のうちWebサイトでカスタマイズして発注できる直販モデル「VAIOオーナーメードモデル」「VAIO法人向けカスタマイズモデル」の受注を順次終了すると発表した。個人向けのVAIOオーナーメードモデルは2014年4月20日、法人向けモデルは同年3月31日をもって受注を終了する。

これによりユーザーは、グラフィックボードやメモリーを増強したモデルを選べなくなったり、オーナーメードモデル専用色なども選べなくなる。また、カスタマイズの構成によっては、部品がなくなり次第前倒しで受注終了する場合もあるとしている。現在販売しているモデルについては、生産・販売終了後もソニーが修理・サポート業務を継続する。

ソニーは2014年2月にパソコン事業を投資ファンドの日本産業パートナーズに売却すると発表。2014年春モデル(写真)を最後に、新製品の発売を打ち切っている。カスタマイズモデルの受注終了によって、ソニーとしてのVAIO事業を収束させ、日本産業パートナーズへの事業承継を進める。

(日経コンピュータ 清嶋直樹)

[ITpro 2014年3月19日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン