7月開始、再生エネの買い取り制度 次の課題は「長期の収益性」

(1/5ページ)
2012/6/26 7:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 7月から再生可能エネルギー(再生エネ)の全量固定価格買い取り制度が始まる。これにより、地熱や風力、太陽光などの発電事業が「もうかるビジネス」へと生まれ変わる可能性が見えてきた。しかし、安易に事業規模を広げるなどして目先の利益を優先するようでは痛い目に遭いかねない。長期的に収益を確保して、事業を継続していくことが今後の再生エネ発電事業にはとりわけ求められる。

再生可能エネルギー普及の切り札として、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]