/

この記事は会員限定です

習近平氏の雲隠れと尖閣問題の関係

論説委員 飯野克彦

[有料会員限定]

このところ、中国に絡む日本のメディアの関心は尖閣問題に集中しているが、米欧メディアにとっては権力移行の問題の方が大きな関心事かもしれない。

関連記事
・9月2日日経朝刊1面「尖閣、国が直接購入へ」
・9月10日 FT.com "Rumours swirl as China's Xi vanishes"
・9月15日 The Economist "The leader vanishes"
・9月19日産経新聞「習副主席主導で強硬転換」
・9月19日日経夕刊2面「習氏は『水泳でケガ』」

近く最高指導者になるとみられている習近平国家副主席が5日、シンガポールのリー・シェンロン首相やクリントン米国務長官らとの会談をキャンセルしたことは、米欧で大きなニュースになった。その後も15日まで習副主席は公の場に姿を見せず、様々な臆測が飛び交った。負傷した、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン