社会・民社党の創設者 西尾末広(3) 無産党が合同し社会大衆党に
特別編集委員 安藤俊裕

2010/10/24 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西尾末広は1928年(昭和3年)4月の第55特別議会で無産政党代議士として初めての代表質問に立った。相手は田中義一政友会内閣である。当初は鈴木文治が質問する予定だったが、直前に辞退したため、西尾は大わらわで赤松克麿の知恵を借りて質問草稿を準備した。西尾は野田(千葉県)や岡谷(長野県)などの労働争議に官憲が不当な弾圧を加えた事実を指摘して田中内閣の反動性を糾弾した。生産者の協力なくして国家の繁栄は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

これまでの「政客列伝」

電子版トップ



[PR]