/

原発周辺の野菜から基準超す放射線量 厚労副大臣

東京電力福島第1原子力発電所の周辺自治体の農作物で、厚生労働省が定めた食品安全性基準を上回る放射線量が検出されたことが19日、明らかになった。大塚耕平厚労副大臣が首相官邸で記者団に語った。

ホウレンソウなど3、4品目が基準値を超えた。大塚厚労副大臣によると「ただちに健康被害を及ぼすものではない」という。16時をメドに枝野幸男官房長官が今後の対応を発表する。

厚労省は東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、17日に放射能に関する食品安全基準を公表。福島県などで農作物の調査を始めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン