2019年2月24日(日)

セブン、PB缶コーヒーも大ヒット データで予見

(1/3ページ)
2014/7/24 7:00
保存
共有
印刷
その他

日経ビッグデータ

 小売りの店頭では、新商品の投入に際し、既存商品と食い合うことはないのかが懸念される。昨年(2013年)、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」を大ヒットさせたセブン&アイ・ホールディングスは、今年前半に投入したPB(プライベートブランド)の缶コーヒーもいきなりヒットさせている。実はこの新商品を投入するのに先駆け、電子マネー「nanaco(ナナコ)」の購買データを使って、セブンカフェと缶コーヒーが共存できるかどうかを検証。魅力的な商品さえ作ることができれば、セブンカフェと食い合わず、新たな顧客層を開拓できると判断していた。

セブン&アイのPB缶コーヒーの新商品「セブンプレミアム×サントリーボス『ワールドセブンブレンド』」がヒット。セブン-イレブンが扱う缶コーヒーで売れ行きトップに

セブン&アイのPB缶コーヒーの新商品「セブンプレミアム×サントリーボス『ワールドセブンブレンド』」がヒット。セブン-イレブンが扱う缶コーヒーで売れ行きトップに

セブン&アイ・ホールディングスとサントリー食品インターナショナルが共同開発したダブルブランド缶コーヒーが売れている。今年1月に「セブンプレミアム×サントリーボス『ワールドセブンブレンド オリジナル』」とともに発売された糖類50%オフの「ワールドセブンブレンド 微糖」は月間500万本近く売れるなど、セブン-イレブンが扱う缶コーヒーで売れ行きナンバーワンに躍り出た。

新商品の発売後にあらためて「ナナコ」の購買データなどを分析したところ、「ワールドセブンブレンド 微糖」と、昨年ヒット商品になった「セブンカフェ」は、すみ分けていることがわかった。セブン&アイの担当者らが緻密なデータ分析によって予見していたとおりの結果だ。なお、セブンカフェとは、店頭のコーヒーマシンから注ぐ入れたてコーヒーのことである。

昨年発売して大ヒットした、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」

昨年発売して大ヒットした、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」

「ワールドセブンブレンド 微糖」は、これまでセブン-イレブンで最も売れていた日本コカ・コーラの「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」を一気に追い抜き、缶コーヒーの中でトップに躍り出た。オリジナルと微糖で年間200万ケース(6000万本)を見込んでいたが、微糖だけで楽々達成する勢いだ。

このヒットを受けて、今年4月22日にブラックの300gボトル缶を発売。出遅れていた缶コーヒー市場で一気に攻勢をかけている。

■缶コーヒー低迷の理由にされかかった

国内のコーヒー市場(家庭を除く)は年間約295億杯(2013年12月10日付の日本経済新聞記事を参照)。そのうち、缶コーヒーは約140億杯と半数を占める。

約295億杯の国内コーヒー市場(家庭を除く)の内訳。グラフのデータは、2013年12月10日付の日本経済新聞記事を参照

約295億杯の国内コーヒー市場(家庭を除く)の内訳。グラフのデータは、2013年12月10日付の日本経済新聞記事を参照

これに対し、スターバックスやドトールなどの喫茶店は約35億杯、プラスチック容器などで提供されているチルドコーヒーは約15億杯、ファストフードは約10億杯、コンビニエンスストアの入れたてコーヒーは約7億杯である。セブンカフェはコンビニコーヒーの6割超の約4億5000杯を占めている。

国内缶コーヒー市場でセブン&アイのシェアは約6.4%。1店当たりの缶コーヒーの販売本数が前年を割るなど低迷していた。その中で唯一気を吐いているのがコンビニコーヒーだった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報