BigDataワールド

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

セブン、PB缶コーヒーも大ヒット データで予見

(1/3ページ)
2014/7/24 7:00
共有
保存
印刷
その他

日経ビッグデータ

 小売りの店頭では、新商品の投入に際し、既存商品と食い合うことはないのかが懸念される。昨年(2013年)、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」を大ヒットさせたセブン&アイ・ホールディングスは、今年前半に投入したPB(プライベートブランド)の缶コーヒーもいきなりヒットさせている。実はこの新商品を投入するのに先駆け、電子マネー「nanaco(ナナコ)」の購買データを使って、セブンカフェと缶コーヒーが共存できるかどうかを検証。魅力的な商品さえ作ることができれば、セブンカフェと食い合わず、新たな顧客層を開拓できると判断していた。

セブン&アイのPB缶コーヒーの新商品「セブンプレミアム×サントリーボス『ワールドセブンブレンド』」がヒット。セブン-イレブンが扱う缶コーヒーで売れ行きトップに
画像の拡大

セブン&アイのPB缶コーヒーの新商品「セブンプレミアム×サントリーボス『ワールドセブンブレンド』」がヒット。セブン-イレブンが扱う缶コーヒーで売れ行きトップに

 セブン&アイ・ホールディングスとサントリー食品インターナショナルが共同開発したダブルブランド缶コーヒーが売れている。今年1月に「セブンプレミアム×サントリーボス『ワールドセブンブレンド オリジナル』」とともに発売された糖類50%オフの「ワールドセブンブレンド 微糖」は月間500万本近く売れるなど、セブン-イレブンが扱う缶コーヒーで売れ行きナンバーワンに躍り出た。

 新商品の発売後にあらためて「ナナコ」の購買データなどを分析したところ、「ワールドセブンブレンド 微糖」と、昨年ヒット商品になった「セブンカフェ」は、すみ分けていることがわかった。セブン&アイの担当者らが緻密なデータ分析によって予見していたとおりの結果だ。なお、セブンカフェとは、店頭のコーヒーマシンから注ぐ入れたてコーヒーのことである。

昨年発売して大ヒットした、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」
画像の拡大

昨年発売して大ヒットした、入れたてコーヒーの「セブンカフェ」

 「ワールドセブンブレンド 微糖」は、これまでセブン-イレブンで最も売れていた日本コカ・コーラの「ジョージア エメラルドマウンテンブレンド」を一気に追い抜き、缶コーヒーの中でトップに躍り出た。オリジナルと微糖で年間200万ケース(6000万本)を見込んでいたが、微糖だけで楽々達成する勢いだ。

 このヒットを受けて、今年4月22日にブラックの300gボトル缶を発売。出遅れていた缶コーヒー市場で一気に攻勢をかけている。

■缶コーヒー低迷の理由にされかかった

 国内のコーヒー市場(家庭を除く)は年間約295億杯(2013年12月10日付の日本経済新聞記事を参照)。そのうち、缶コーヒーは約140億杯と半数を占める。

約295億杯の国内コーヒー市場(家庭を除く)の内訳。グラフのデータは、2013年12月10日付の日本経済新聞記事を参照
画像の拡大

約295億杯の国内コーヒー市場(家庭を除く)の内訳。グラフのデータは、2013年12月10日付の日本経済新聞記事を参照

 これに対し、スターバックスやドトールなどの喫茶店は約35億杯、プラスチック容器などで提供されているチルドコーヒーは約15億杯、ファストフードは約10億杯、コンビニエンスストアの入れたてコーヒーは約7億杯である。セブンカフェはコンビニコーヒーの6割超の約4億5000杯を占めている。

 国内缶コーヒー市場でセブン&アイのシェアは約6.4%。1店当たりの缶コーヒーの販売本数が前年を割るなど低迷していた。その中で唯一気を吐いているのがコンビニコーヒーだった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

BigDataワールド 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

積水ハウスは過去データやシミュレーションにより、トラックが複数拠点を巡回し効率的に配送できるようにした(点線は従来)

数カ月先の出荷を部材単位で分析 積水ハウスのデータ活用 [有料会員限定]

 データ活用に秀でた企業を明らかにするため、日経ビッグデータ誌は「データ活用先進企業ランキング」を初めて発表した。ランキングは4つの部門別で作成し、積水ハウスが「開発」と「生産」の2部門で1位となった…続き (2015/12/28)

ビジネスアナリシスセンターに所属するデータサイエンティストは10人。この3年で半数が入れ替わった。中央の男性が河本薫所長(写真:宮田昌彦)

データ分析組織が活躍 「攻めのIT経営銘柄」大阪ガス

 大阪ガスは、経済産業省が今年初めて発表した「攻めのIT経営銘柄」18社のうちの1社。その選出の陰には、データ分析組織「ビジネスアナリシスセンター」の存在があったと見られる。同組織は、大阪ガスグループ…続き (2015/12/28)

グローリーが導入した川田工業のロボット「NEXTAGE」

社員も驚く「匠ロボット」の技 人と協働する先進工場

 ロボットが製造現場の隅々に入り込み始めた。先進工場では、人との共同作業が当たり前になりつつある。 例えばTOTOの滋賀工場は、熟練の技をロボットが再現するという難題をクリアした。釣り銭機のユニットを…続き (2015/9/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月22日(金)

  • iOS 11とiPad Proの組み合わせは至高。使い勝手の良さをGIFで解説
  • IBM、量子コンピュータによる分子シミュレーション向けアルゴリズムを開発
  • アマゾンの利便性を「ビジネス」でも―法人EC参入の勝算を聞く

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト