/

あのタレントの稼ぎはいくら…最新ギャラ相場

日経エンタテインメント!

NIKKEI STYLE

景気に明るさが見え始めたとはいえ、長く続いた不況の影響はテレビや音楽などエンターテインメントの各業界に深い爪痕を残している。それは「制作費削減」や「コストカット」と呼ばれ、クリエイティブにかけられる金額は年々少なくなっていった。人件費も減らさざるをえない。

そんなお金のかけられない厳しい状況にあってもヒットは生まれているし、変わらずにもうけている人気者たちもいる。いまエンタ業界のお金事情はどうなっているのか…。今回は人気者のお金事情について見ていこう。芸能人や業界人がどれだけ稼いでいるのか、人へのお金の流れを知ることは、業界自体の経済状況を知ることになる。

【バラエティー番組のギャラ】 大物は1時間200万円以上、ひな壇芸人は…

人気者の「お金事情」、まずはテレビ業界編。バラエティー番組に出演するタレントと、裏方で働くテレビ業界人のふところ事情を、芸能プロダクションのマネジャーA氏と在京テレビ局社員のB氏に聞いた。

スポンサー収入が減り制作費の削減が進んだ結果、各局とも増えたのがお金のかからないトークバラエティー番組だ。1時間番組1本の制作費は、ゴールデン帯でおよそ2000万~3000万円。番組で一番お金をもらっているのは、お笑い芸人などが務める進行役のMC。「たけし、さんま、タモリ、ダウンタウンなどのトップクラスで現在は200万~300万円が実勢価格」(A氏)という。

あとはベテラン俳優などのご意見番ゲストが1人30万~80万円、10万~30万円の"ひな壇芸人"を数人そろえれば、番組の格好はなんとか出来上がる。

さらに経費を抑えるなら、スタジオを使わないロケがベスト。ぶらり旅番組や、飲食店とロケバス内でのトークが多い深夜番組が増えているのはそのためだとか。

ちなみに地上波以上に予算が厳しいBS、CS放送だが、ときおり人気俳優が海外の美術館を紹介したり、山を登ったりする特別番組が放送される。「あの手の番組は、本人が行きたい場所や興味のあるテーマで番組を作ることを条件に、オフの期間に格安のギャラで出てもらう」(B氏)という。

制作会社ADは月収18万円、テレビ局プロデューサーなら2000万円も

テレビ業界人のふところ事情はどうか。在京キー局の場合、テレビ局の社員プロデューサーならば30代で年収1000万円以上、40代で1500万円以上と景気に左右されず高収入。トップのエグゼクティブプロデューサーは2000万円以上になる。

ただし制作会社のプロデューサーだと、年収500万円程度と格差がある。「一番悲惨なのは制作会社から派遣されているAD(アシスタントディレクター)です。テレビ局からの支払いは1カ月で約30万円ですが、制作会社から天引きされ、本人に振り込まれるのは18万円程度です」(B氏)。

一部の売れっ子は会議でしゃべるだけで年収数千万円ともいわれる放送作家の実態はどうか。「現場で台本を中心になって書いているレギュラー作家で、1時間番組1本10万円が相場」(B氏)。週1のレギュラーを3~4番組持てば月に100万円以上を稼げる。それでもフリー稼業ゆえに家や車のローンやカードの審査が通らないなどの悩みもあるそうだ。

【俳優のギャラ】 ドラマの主演ギャラはダウン、映画は大作なら1000万円

続いて俳優のギャラについて、前出の芸能プロダクションのマネジャーA氏に解説してもらった。

バラエティー番組と同様にドラマもコスト削減が進んでおり、連ドラの主演俳優のギャラは、「かつては1話300万円でしたが、現在は100万~200万円が相場になっています」という。10話で合計1000万~2000万円のギャラとなるが、低視聴率のイメージダウンを避けるため、最近は主演をやらせたがらない事務所が増えている。男女ツートップやチームもの、群像劇のドラマが増えているのはそのためだ。

映画のギャラは一般にゴールデンの連続ドラマより安いとされてきたが、ヒットが見込める大作の場合は例外だという。「ベストセラー原作」で「東宝系」、「テレビ局製作」の大作という条件がそろえば、主演俳優のギャラは1000万円、2番手でも500万~700万円という。「撮影の拘束期間が4カ月のドラマに対して、映画の撮影は1カ月程度。同じ主演なら大作映画のほうが効率よく稼げる」というわけだ。

細かいところでは、映画の場合は舞台あいさつなどのプロモーションは基本的にはギャラは派生しない。一方、ドラマのプロモーションの場合は「番宣ギャラ」という通常より安めの設定料金がある。ただし1日電波ジャックなどで、各番組数分の出演に対しては、ギャラは発生しないそうだ。

公演数の多い芝居は高収入に

舞台のギャラが安いのは一般にも知られているところだ。例えば、小劇団に若手俳優が客演した場合、1ステージのギャラが3万~5万円程度。10回公演で30万~50万円というのが平均的な例。

蜷川幸雄など有名演出家の公演や劇団☆新感線など人気劇団の舞台に客演すれば、主演なら1ステージ10万~20万円、脇でも3万~4万円が支払われる。こうした人気公演の場合は地方を含めたロングランとなる。これが意外と大きい。合計50ステージを数えることもあり、そうなると主演なら合計500万~1000万円となり、ドラマや映画に出演するのと見劣りのしない収入になってくる。

今回紹介しているギャラは、いずれも所属事務所に支払われる金額で、これを本人と事務所が分けることになる。その比率は、事務所ごとにかなり違うようだ。俳優の場合は、大手の芸能事務所では本人4割、事務所6割という比率が多く、俳優・劇団系の事務所は、逆に本人6割、事務所4割と俳優に手厚い比率になるケースが多い。もっとも、「大手の芸能事務所の場合は、現場への車の送迎がついたり、CMを取ってくる営業力が強いなど、マネジメント面のサポートが強力で、一概にどちらのタイプの事務所がメリットが大きいとはいえません」。

【CMのギャラ】 福山雅治がトップクラス入り、スポーツ選手は成績と連動

10年前までは高倉健や吉永小百合などベテラン俳優、明石家さんまら大物お笑い芸人などが8000万~1億円のトップクラスだったが、「長く続いた不況の影響で、相場は全体に下がっている」と広告業界で働くD氏は話す。

「芸能人で現時点のトップクラスは、ベテラン俳優や大物芸人で6000万~7000万円。この数年で新たにここに加わったのが福山雅治。『アサヒスーパードライ』などCM出演した製品の売り上げが伸びており、企業が最も使いたいタレントとなっています」

男性で続くのは、安定した人気と知名度があるジャニーズ人気グループのトップクラスで4000万~6000万円といわれている。阿部寛、織田裕二など主演級の俳優で3000万~4000万円だ。

スポーツ選手ではトップの石川遼が8000万~1億円、イチローが6000万~8000万円。ダルビッシュ有と本田圭佑が5000万円以上、香川真司、長友佑都が4000万円。ただし「スポーツ選手の場合、成績や話題によって契約数や金額はかなり上下します。今だと金メダルをとった羽生結弦選手に、1本5000万円でオファーが集中しています」。

女性ではトップの安室奈美恵が5000万円。綾瀬はるか、竹内結子、篠原涼子など主演女優クラスも3500万~5000万円。一方、CM本数の多い、剛力彩芽と武井咲は1800万~2500万円と低め。これは「所属事務所のオスカープロモーションの戦略で、新人時代は安い契約金で本数を稼ぎ、"CM女王"となって知名度を上げることを優先するため」。

ちなみに「タレントにとって最も出たい、ステータスのあるCMは男性がビール、女性は化粧品、男女とも若手に人気なのは携帯キャリア」。なるほど、高額ギャラタレントが数多く出演している。

【営業のギャラ】 効率がいいパチンコ店営業、30分で100万~200万円

芸能界では「テレビは顔見せ、稼ぐのは営業」という言葉があるように、地方の企業やイベントに呼ばれて芸やトークを披露する「営業」の仕事は割がいい。たまにテレビに出ているクラスのお笑い芸人でも1ステージ、20万~50万円は稼ぐ。

一方、人気モデルは、百貨店やファッションブランドなどのトークショーが大きな収入源となっている。通常で1ステージ50万円、タレントや女優としても活躍するトップクラスだと100万円に跳ね上がる。かつての梅宮アンナや梨花などは、週末には1日2ステージをこなし荒稼ぎしていたとか。

営業のなかでも、究極の"おいしい仕事"と呼ばれているのが、パチンコ店営業。郊外や地方のパチンコ店に意外な大物芸能人が客寄せのため登場して、トークショーやサインに応じる。最近では加藤茶、酒井法子らのパチンコ店営業が報じられ、ネット上にはお客の撮影した写真やポスター画像が上がっている。

ギャラの相場は1店30分程度の稼働で、トップクラスの松方弘樹、梅宮辰夫、京本政樹らが200万円以上。その下の赤井英和、ガッツ石松、梅宮アンナ、はるな愛などが100万円以上。その他一般のお笑い芸人やグラビアアイドルで50万円以上。物まねタレントで30万円以上。加藤茶は100万~200万円、酒井法子も100万円前後といわれている。仲介業者や事務所の取り分を除いても稼ぎの半分はタレントの収入になるといわれ、地方に行った場合は1日で3~4店回ることも珍しくなく、効率のいい仕事となっている。

ただしギャンブル系の仕事はイメージダウンにもつながりかねないため、200万円クラスの大物俳優は、自分の名前がついた新台の宣伝を兼ねて、期間限定の活動としているケースが少なくない。

【音楽制作のギャラ】 制作費は大幅減の250万円、仕事が減ったミュージシャン

最後は音楽業界。CDを制作するレコーディングのギャラの仕組みを某レコード会社のベテランディレクターE氏に話を聞いた。

音楽業界の不振が続いているなか、CDの制作費も下がっているのではないだろうか。「私が入社した20数年前だとアルバムの制作費が2000万円、シングルが250万円ぐらいが平均でした。現在は平均的な中堅アーティストでアルバムが250万~300万円。昔のシングルの制作費でアルバムを作っている計算です。セールス10万枚以上のトップクラスでも、制作費は800万~1000万円程度です」。

しかしこの制作費の減少は、CDが売れないことだけでなく、レコーディングスタイルの変化によるものが大きいそうだ。「コンピューターや機材の進化により、生楽器を使うことが減り、スタジオ代も大幅に削減されました。例えばバンドでも昔なら大きなスタジオを借りて、メンバーがそろって曲作りや演奏をしていましたが、現在はメンバーが個人ごとに自宅や小スタジオで録音した音源を送って、エンジニアがそれを自宅スタジオで仕上げる。大きなスタジオを使うのは最後にメンバーが集まり仕上がりを確認するときだけという場合も多いです」。

楽器は違ってもギャラは同じ

制作環境が変化するなかで、レコーディングにかかわる人たちのギャラはどうなっているのか。

スタジオミュージシャンはテクニックやキャリアによって開きがあり、相場は時給5000~3万円。この金額はギター、ベース、ドラムなどの楽器によって差は無いそうだ。レコーディングに呼ばれる機会は年々減っており、かつてのように1日に3スタジオを掛け持ちして年に数千万円を荒稼ぎすることは難しくなっている。

弦楽器の演奏を入れる場合は、バイオリンの場合で時給8000~1万円。コンサートマスター級の人で2万円が相場となる。

アーティスト自身はレコーディングに対するギャラはゼロ。CDが売れればアーティスト印税や、著作権印税が得られる仕組みだ。プロデューサーの場合は、レコード会社から制作費を丸投げされて、その中から自分の取り分を得るパターンと、プロデューサー印税として売り上げの1~2%を得るパターンと、両者の複合型があるそうだ。現在の音楽制作において重要性が増しているレコーディングエンジニアは、1曲あたり平均20万~30万円。トップクラスの人だと40万~50万円を得ている。

ちなみにE氏のようなレコード会社のディレクターのギャラは、いったいいくらなのだろうか。「給料制なのでギャラはゼロです。ただ最近は年俸制の契約社員も増えており、ヒットが出れば大きく金額は増えますが、失敗すれば1年で契約終了と厳しい時代です」。

(日経エンタテインメント!編集部)

[日経エンタテインメント! 2014年5月号の記事を基に再構成]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ワークスタイルや暮らし・家計管理に役立つノウハウなどをまとめています。
※ NIKKEI STYLE は2023年にリニューアルしました。これまでに公開したコンテンツのほとんどは日経電子版などで引き続きご覧いただけます。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません