2030年、「中国の覇権」で機能しない日米同盟

(1/2ページ)
2012/12/20 7:00
保存
共有
印刷
その他

forbes

(2012年12月13日 Forbes.com)

「中国の覇権」の下で日米同盟は見直しを迫られるのか(中国海軍初の空母「遼寧」。新華社配信)=共同

「中国の覇権」の下で日米同盟は見直しを迫られるのか(中国海軍初の空母「遼寧」。新華社配信)=共同

筆者は前回の記事で、日米安保体制は時代遅れだと指摘した。言わんとしたのは、圧倒的支配力を持つ中国を軸とする日本以外のアジア地域は、急速に強大かつ豊かになりつつあり、今後もその傾向は続くだろうということだ。これは米国や欧州、そして日本との相対関係でも同じである。アジア、そして特に中国はすでに、日本にとって最大の輸出先であり、日本企業の最大の投資先だ。

こうした傾向が続くのであれば、アジア諸国が日本の安全保障戦略に影響を与える、というよりそれを決定づける可能性がある、もしくは当然そうなると見るべきではないか。また冷戦の産物であり、対中国でも冷戦の論理を必要とする日米同盟はどう見ても、日本はもちろん、米国にとってすら無意味になるのは明白ではないか。

この問題と関連するのが、国家情報長官の承認のもとに米国家情報会議(NIC)が取りまとめ、12月10日に発表した報告書「2030年の世界展望:変貌する世界」である。同報告書は中国経済が米国を抜くと予測したことから、様々なメディアで大きく報道された。以下は報告書からの引用である。

「大きな構造変化の結果、国内総生産(GDP)、人口、軍事費、技術への投資規模で見た2030年時点のアジアの影響力は、米国と欧州の合計を上回っているだろう。おそらく中国はその数年前に米国を抜き、世界最大の経済大国となるだろう」

「一方、欧州、日本、ロシアの経済は、今後も相対的にゆるやかな衰退が続く可能性が高い」

次の段落にはこうある。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]