2018年7月21日(土)

ヤフー、2014年5月にメーリングリストサービスを終了

2013/12/19付
保存
共有
印刷
その他

 ヤフー(Yahoo! JAPAN)は2013年12月18日、メーリングリスト・情報共有サービスの「Yahoo!グループ」を終了すると発表した。Webサイト上で告知するとともに、利用者に終了を知らせる電子メールを送付した。サービス終了予定日は2014年5月28日で、この日をもってサービス上に保存されているデータはすべて消去される。それまでにデータをダウンロード・バックアップするよう呼びかけている。

図1 「Yahoo!グループ」サービス終了を告知するWebページ

図1 「Yahoo!グループ」サービス終了を告知するWebページ

 ヤフーは「サービスを維持するためにさまざまな検討を重ねたが、システムの老朽化などにより、今後のサービスの継続が困難と判断した」と説明している(図1)。今後、2014年4月16日午後3時(予定)に主要機能を停止し、一部データのダウンロード機能のみを提供する状態になる。その後、同年5月28日午後3時をもって全サービスを停止し、サービス上に存在する全コンテンツを消去する。

 Yahoo!グループの利用者や管理者は、それまでに残しておきたいデータをダウンロード・バックアップする必要がある。ヤフーは「サービス終了間際には、多くのお客様からのアクセスが集中することが予想されるため、余裕を持って早めにデータの保存を実施することを勧める」と呼びかけている。

 グループの「掲示板」(メーリングリストのメールアーカイブ)のデータについてはまとめて取り出すための機能を後日提供する。「ブリーフケース」「フォトアルバム」「グループメンバー一覧」についてはダウンロードできる機能がすでにある。「ブックマーク」「データベース」「投票」機能はダウンロード機能が提供されず、完全に利用できなくなる。

 Yahoo!グループの前身となるサービスは、米Yahoo!が2000年に買収したeGroups社が提供していた。日本版の「eグループ」もインターネット普及・拡大期の無料メーリングリストサービスとして人気があった。2004年2月に「Yahoo!グループ」に模様替えして現在に至っている。

(PC Online 清嶋直樹)

[ITpro 2013年12月18日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報