米大統領、シリア大統領に退陣要求 新たな経済制裁も

2011/8/18付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】オバマ米大統領は18日、反政府デモへの武力弾圧を続けるシリアのアサド大統領に対し「国民のために、身を引く時が来た」と明確に退陣を要求する声明を発表した。

オバマ政権はシリアに対する民主化要求を強める一方で、アサド大統領の退陣要求には慎重な姿勢を維持していた。弾圧による死者数拡大を受け、圧力強化に踏み切った。

またホワイトハウスは、シリアからの石油輸入禁止などを盛り込んだ新たな経済制裁も発表した。

報道によると、クリントン国務長官も同様の声明を発表する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]