/

米Feedly、Google Readerから50万人の利用者獲得

米GoogleのRSSリーダー「Google Reader」の代替サービスとして名乗りを上げている米Feedlyは現地時間2013年3月15日、過去48時間で50万人以上のReaderユーザーがFeedlyに移行したと発表した。

Googleは3月13日に、Readerを含む複数のサービスを停止する計画を発表。Readerは「多くの愛用者がいるものの、ユーザー数が減少しているため」7月1日のサービス終了が決定した。

FeedlyはReaderユーザーの移行を歓迎し、今後1カ月かけてサービス向上に取り組む方針を明らかにした。ユーザーの増加に対応するために、回線の帯域幅を10倍に強化し、サーバーを増強した。さらにユーザーが意見や提案を投稿するための専用ページを設け、新規ユーザーの声に耳を傾け、毎週新たな機能を追加するという。

Feedlyは、Googleの「Chrome」、米Mozillaの「Firefox」、米Appleの「Safari」ブラウザー向け拡張機能として提供されているほか、iOSおよびAndroid向けアプリケーションも公開している。既存のReaderユーザーに対し、「7月1日までにFeedlyを使い始めれば移行がスムーズに行える」と呼びかけている。

一方、GoogleのReader終了宣言を受けて請願活動のソーシャルプラットフォーム「Change.org」にはReaderの存続を求めるページが開設され、多数の署名が集まっている。

[ITpro 2013年3月18日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン